地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1948回 熱帯雨林へ、、その2 by ゆう

2日目

快適な目覚め。 一階のオープンカフェで昼からビール飲んでいい気持ち。 近くの早くからやっているポニーテールへ。

お嬢を鑑賞していると、ウエイトレスが寄ってきてビリヤード しようよ!

気がつくと三人相手になり、みんなにドリンクを…(うまい) 負けたら台の下をくぐらされる。 わたしばっか。へたなんで。みんな大笑い。

するとぱっつんビキニのタイプのお嬢が前を通る。あっ、あん な子がいたんだ。 意気投合したウエイトレスが寄ってきてバーファインしてくれ と。ホテルでエッチしようよ!

ん~、さっきタイプの子見ちゃったからね~。 ボックスに戻り、お嬢を鑑賞。 するとさっきのタイプの子がステージへ。やはり他の子よりダ ントツです。

小さなビキニからは大きな乳房がはみ出しそうです。 彼女を呼ぶとうれしそうに横へ。 ドリンクをふるまい、愛想もよく、気に入りました。ホテルへ 。

しかし部屋ではテレビドラマに熱中。 わたしは彼女の体に熱中。 ドラマ見ながら、ハンドジョブしてくれた。^^;

早くドラマ終わらないかな~、なんて思いながらも、もうすぐ 出そうだ。やめてもらったり、またしごいてもらったり。カウ パー糸ひいてます。それを見た彼女、「出しちゃっていいよ! 」とスピードアップ!

ばか、だめだよ!げらげら笑ってる。 やっと、ドラマが終わり、ゴメンね~、おまたせ!とベッドへ 。

全開でむしゃぶりつき、可愛いヘソピアスが揺れるのを見なが ら発射! チップ渡してまたねー!

夕方、また出動。 バーホップしながら、置屋バーをひやかしてると一人タイプ発 見。ぽっちゃりの19才。ビール飲んで話していると彼女はアイ ライクユーを連発!ショートなら700だけどロングで1200よ!

あなたと朝までいたい、ロングにして!と。 アワナシックスティーナインと言うと、オー、ミートゥー!と 目を輝かせた。乗りがよく、これは楽しく過ごせそうだ。

ロングでバーファイン、1200ペソ。でもたった2400円。彼女、 ロングのバーファインは初めてらしく大喜び。

ホテルではオシッコしてるとこもムービーとらしてくれるし、 超ディープスロートからアナル舐めと最高の子でした。彼女か らノーコンドーム、OKと要請があり、生で挿入!彼女の白い膣 液がち○ぽに大量に絡み付いている。

オマイガーッ、ハニー、ファック! 凄い淫乱ぶりです。末恐ろしい19才! 雄叫びをあげて中に発射してやりました。

彼女もミートゥーカムトゥワイスと満足してました! 終わってもベッドで離してくれず、私をフィリピンの恋人にし て!と。

私、パルパロなんで、、と。(ピーナは嫉妬深いので遊べなく なってしまう) 後から気がついたがガッツリキスマークをつけられていた。 でもほんとにいい子でした。 その後、食事して彼女の友達のバーへ。

! 友達ブサイクで引きました。でもその子もアイライクユー !と両手を首に掛けて密着。でも色白で明るく性格もいい子だ ったのでこれが今日の流れだと思い、バーファイン。

二人とも 大喜びでのりのり。なかり酔っ払っている。三人でまた友達の バーへはしご。

まだ夕方で明るいというのに、最初の彼女はふらふらでへべれ け。フィールズストリートの注目になってしまう。 バーで今度はなぜか泣きだして床に座りこんでしまう。

飲み過ぎたんだね、休憩が必要だよ。 外でトライクを呼んで彼女の友達にもチップを渡し、彼女を家 まで送って欲しいと頼む。

すると友達もあなたとエッチしたいよ、ホテル行きたい!と。 また明日いくから、彼女にもそう伝えてと。 やれやれ。

気を取り直しバーホップ。 あまりタイプがいないなーなんて思っていると奥のボックスに バクラのような濃~い顔の子が。少しするとステージでダンス 。でも見てくれない。

手招きで呼ぶと恥ずかしそうに横へすわ り、私でいいの?と聞いてくる。(あまり指名がないよう)

もちろん、君が好きなんだと言うと嬉しそうに笑顔で密着。 ドリンクをふるまい談笑。見かけはバクラのような、冷たそう な子だったが、話すと笑顔でいい子でした。

ホテル帰るとレセプションの女の子が、さっきまで酔っ払い女 が二人待ってたよ、と。あちゃー。^^;

部屋で彼女とラムコークのみながら、沢山写真を撮って楽しく 過ごす。初めは彼女も恥ずかしがっていたが、だんだん大胆に なり、スケベポーズでのりのり。

そのままベッドイン。シックスナインで不慣れながらも一生懸 命チュパしてくれた。彼女もまた白いぬるぬるの液体を絡め付 けてきてぐちょぐちょでした。

終わるとぴったり顔を密着。

すやすや寝てしまいました。

翌朝、目覚めると彼女がニコ~としながら、もぞもぞ触ってく る。

あまり発射しても、、今日の分、とっておかないと、と思うの ですがそれは無理なよう、、彼女はスイッチ入ってしまいまし た。

彼女を上に乗せたまま下から突き上げ獣のようなディープ キスで発射…

ああ…