地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1938回 ホーチミンの夜   by あーるくん

初めてのベトナムでした。ホーチミンの空港はキャノンの看板がある中くらいなビル以外はビルらしい物が無く迎えに来た人が作り出す喧噪とはまたひと味違った景色を映していました。

 見回せばそこには出迎えてくれた友が。 その後、タクシーと船で南を目指します。

2日目に成ってホーチミンに戻って来たので夕飯を住ませホテルへ帰ったら、一行とはバイバイ。

1人ハイパーチューン通りを目指します。 両替は9時半までならシェラトンホテルの前で出来ます。 後、VISAなどでキャッシュディスペンサーも問題なく使えました。

ここで教えて頂いた49を目指そうとハイパーチューン通りを曲がったら外に男が2人座っていて 店を見ると49の文字が。 直ぐに誘い込まれました。

中に入ると噂の通り強引に上へと案内されて、その日はカウンターがいっぱいだったからか何やら注文するように言われます。

この子はタイプではなかったので変えたいと言うと渋々階段を下りて女の子6人くらいを引き連れて現れました。

一番近くの子がタイプではないものの優しそうな顔つきだったので、その子をチョイス。 ビールも飲み終わらないうちにホテルへ行こうと誘われました。

金額はよく覚えてないけど女の子5000円、店に1800円位だったかな。

香港ドルを500渡してミニホテル代と女の子の取り分と言うことにしました。 このとき10000円が923HKDです。日本円強し。

ホテルは清潔感があるけど何も無いと言った感じでマーやるには十分でした。 意外と事務的ではなくcan i kiss it とか聞いてくれて悪くはなかったです。

帰りに彼女は24時間やってる両替所に行ってHKDを交換していました。

ちょっと暗い道で49の店からは5分くらいの所だと思う。場所が分からずにすみません。

後はマッサージだと、Truong Dinh通りへ。 歩くとマッサージらしき物は見当たらず、ホテルのみがちらほら。

交差点にいた男に「マッサージどう」と声をかけられて無視する事2回。 上海で痛い目に会ってるから慎重にも慎重にと思っていましたがマー物は試しだとバイクに股がる事に。

これが大成功でした。 7分くらい行った所で細い路地のホテルへ到着。

上がれというのでロビーらしき所に付くと2人の少女が待っていました。

2人ともAKx48のような可愛い子で、どっちも捨てがたい。 結局色白なYちゃんに決定。

中に入っても一緒にシャワーを浴びるし貴重品の心配は全く無し。

とってもふくよかな胸に締まった腰、後で解るけど彼女はあまり声は出さなかったけどとても気持ちよかったです。

放出してシャワーを浴びてお別れと成りました。 チップをと言いかけて、ためらっているのがすごく可愛いです。

通じないのかな~。みたいな。

可愛さに15万ドンも奮発してしまいました。といっても750円くらいですが。 これだけで先に払ったのは30ドル。

外に出るとドアの外にはお兄さんが普通に椅子に座ってくつろいでいます。 これでは声は出せないね。

しかも階段を10段も降りればもう道です。

帰りは連れて来た男が元の所まで送ってくれます。ホテルを聞かれたので解っていればそこまで送ってくれるみたい。

彼には5万ドンをさらに渡して(250円)バイバイ。

あ~また行きたいと思ったホーチミンでした。