地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1920回 ★雅ミヤビの旅~地上最強地区Ⅲ、メキシコ超風俗赤線地帯アカプルコ-筆:雅

とにかくすごい場所がある。。。

前回、第1894コロンビアカルタヘナと第1895コロンビアボゴタならびに第1909のベネズエラで旅の投稿をした雅です。今回はメキシコ超風俗赤線地帯の特集を取り上げる。

南米は無理だと言う方。ここなら行けます!! メキシコ風俗と言えばだいたいはカンクンかティファナ。

風俗最大サイトの地球の歩き方でもアカプルコ情報は見かけない。今回が初掲載になる筈です。毎回出出しは同じ文句ですが興味のある人だけ読んでください。   

メキシコの海岸リゾートというとカンクンが有名。今回アカプルコを取り上げる理由は誰も行かないようなところであるのと物価が安いから。

本稿の参考になるようアカプルコの町を少し説明。

アカプルコはメキシコの首都メキシコシティから南西に約300キロの太平洋岸に位置する。 人口は60万人強と中規模の街だが、海岸沿いに大規模なリゾートホテルや豪華な別荘が立ち並び、世界中から人口の10倍以上の年間数百万の観光客が訪れる、古くから世界的に知名度が高いリゾート地である。つまりはそれだけ風俗が盛んであることを意味する。

事前情報など何もないが現地で適当に風俗を探す方がおもしろいので何も調べずに思いつきだけで行った。チケット購入は一週間前だった。

メキシコへはJL+メキシカーナ航空を使ってまずはメキシコシティへ入る。 メキシコ行きの予算はせいぜい10万円まで。チケットはメキシコシティまで7.2万で入手。

そこからアカプルコへトランジット。その後はカンクン、ティファナ、メキシコシティへと移る。メキシカーナ航空はこの後2010年8月28日に事業破綻をしてます。

日本から出発をした初日、成田17:20出発からロスへ到着は同日10:55、ロスから乗り換えは13:20出発→18:20メキシコシティ到着、そこから国内線に乗換えメキシコシティ22:25出発→アカプルコ到着は23:25と一応同日到着だが飛行機に乗り込んでいる時間は全部で14から15時間になる。

待ち時間を合わせると20時間は過ごしている。しかし南米へ行くよりは到着時の身体の負担は軽い。

メキシコ到着時、我が輩は最大の難関に遭遇する。メキシコシティの到着は18:20だが入国チェックが厳しすぎる。

あれこれ詰問をされたあと別室に連れて行かれ長時間に渡りかなり詰め寄られる。何のために来たのか。またなぜお金をこんなに持っているのかなど。

このあと服も全部脱ぐように指示された。

強烈な取調べで今までで一番キツイ。完全な犯罪者扱いだ。絶体絶命のピンチになる。ここは完全な個室で外界とは遮断されている。

同乗していた日本人の女の子もボストンを空けられ全部調べられていた。ここは相当な場所かもしれない。

そう思わずにはいられない。国内線深夜到着のアカプルコでも取り調べはきつかった。夜は麻薬の運び屋が多いよう。

■メキシコ、アカプルコの情熱

上記ピンチを切り抜けたあとアカプルコへ着いたのは深夜。宿泊は海岸線沿いのElcidというプ-ル付ではあるが比較的安めのホテルに泊まる。

600メキシコペソ(=約4200円)なのでもし行かれる方はオススメの場所としたい。余談ですが今後のことを説明するのに通貨レートだけ説明しておきたい。

メキシコ1ペソ=日本円で約7円程度、米ドルでは約0.08$と考えていた方が良い。またメキシコって女も街もフィリピンに似てるだろという指摘も受けたことがあるが確かに似ているところはあるが決定的な違いを説明しておく。

それはフィリピンには白人がいないがメキシコには白人がいるということ。

またメスチーソという現地の混血児はアジアのどこの国にもないタイプだと思う。

■カウパー液出まくり。メキシコ美少女に囲まれ逝かされまくる、超絶SEX!!

前述Elcidホテルに宿泊した日はゆっくり休養を取り翌日の昼ごろから風俗探索を開始する。アカプルコの赤線地帯を調べることタクシーを停めて今日一日付き合ってくれるよう交渉を開始する。ワーゲンタイプのタクシー運転手にニーニャはいるのかと聞く。

とびきりのが居るという。こんな昼から居るのか。 まず連れて行かれたのは山の上にの住宅街にある大きな屋敷。

置屋というより山の上のバーと一緒になった屋敷いった感じか。そこの主人が出てきてドリンクをまず勧めて来たが 先に女を見せてほしいと我が輩は言った。

最初はこんな屋敷に女などいるのかと思ったけれどあまりに唐突にあまりに至近距離に女の子3人が中から近ずいてきた。どれも美少女だ!

女の子たちの部屋が屋敷の中にある模様。ミニスカで現れた女の子達はとてもスタイルがいい!!

さらにビキニの女の子が目の前に現れたので我が輩は戸惑う。タクシーの運転手がどんどん会話を進めていく。

聞けば一人一発400メキシコペソ(=32$)と言っている。こんな美少女が、、、とても安い!!

黙っているとさらに話を勧めて来る。ベッドにいる女の子はミニスカをめくりながら誘ってくる。やめてほしい!我慢ができなくなる!!

我が輩はどちらかというとビキニの女の子に眼が行ってしまいどうにも落ち着かなかった。

メスチーソ系2人に白人の組み合わせだから刺激が強すぎるのだ。初めてのメキシコ、そして始めて見た茶褐色のスレンダーボディに派手なビキニ、そして良すぎるスタイル。 ハイヒールから伸びた足が素晴らしい!

しかしもっとすごいのは白人とのコラボレーションなのだ。いったいどこへ視線を投げかけていいかわからない状態になっていた。

客は我が輩1人なので全員が我が輩を取り巻いている。緊張感いっぱいのところディスカウントするから2人はどうかとまで尋ねてきた。3人の中から2人を選ぶことはできない。どうせなら・・・。おそらくみなさんも同じだろう。

我が輩もこのあと3人を相手にメキシコレディを堪能することにした。しかし初メキシコでいきなり4Pプレイとは刺激があまりにきつ過ぎる。

女の子は全員19才と20才だがアジアン娘には絶対にない色気がある。これで本当に19才なのか。

■メキシコ少女の口内と子宮で射精しまくる

部屋へ入ると3人の美女たちが手招きをしながら我が輩の身体を嘗め回してくる。我が輩はもうすでにカウパー液が出まくり。

キスはディープで強烈だ。

この時我が輩は女の子たちから漂ってくる体臭というか匂いが違うなと感じた。アジアではなく強烈なフェロモンとはこのことか。

もうすでに正常な意識を失いかけている。。。

2人で左右の乳首を舐められるのは強烈以外になにもない。。。 このあと最後の1人がフェラチオをしてきた。

フェラチオをしながら彼女たちは「カム」「カム」と言って来た。

我が輩は夢の中で天使のさえずりを聞きながら「com swallow」カムスワロウができるのかと聞いてみた。

カムスワロウは欧米ではひとつのSEXプレイで口内射精とゴックンのことだ。

メキシコへ着いていきなり口内射精をするとは・・・ ああ!気持ちがいい!!逝きそうだ!!!

このあと我が輩のペニスは下着を着た美女たちの口に思いっきり吐精をする。

白人の女の子は美味しそうに飲んでいる。

我が輩は叫んだ「“Mui bien!”とてもいいよ!」メキシコは素晴らしい!!

このあとさらに選手交代をしてメスチーソの方がペニスを咥えてくる。

休憩する間もなく2回戦目に突入する。

もう尺八を生でしてもらってたのでこのまま為すがままにまかせる事にする。ふたたび快感の渦が押し寄せてきてだんだんペニスが硬直してくる。

別の女の子がオマンコを押し付けてくる。。。ものすごく積極的だ。

ああ、またおかしくなってくる。3人がかりで我が輩の身体をむさぼってくる。1人はディープキスで唾液交換、もう一人は乳首なめ、あと一人はペニスと肛門を舐めまくってくる。

こちらも交互にオマンコを攻撃していく。こうなったら一人で3人突きまくり。順番にペニスを挿入していく。

締りが良すぎて持ちそうにもない。特にソバージュをあてたメスチーソの方は肌の色艶も最高だ。

19才ではなくもっと若いのではないだろうか。ペニスの先が。。。

ペニスの先が子宮の入り口に当たり何かに絡まっているようで何ともいえない感触。最後はメスチーソの中で射精をした。

それにしても一人3000円程度でここまでできるなんて・・・

何度も言うがメキシコは最高だ。

■サウナ、置屋、ゴーゴーバーをはしご

満足そうな顔をして家を出た所でタクシー運転手は「あともう1件行くか」と聞いてきた この分で行けば今晩は抜きまくりの夜になる。

運転手に従い今度はタントラというスパ施設を訪れる。ここは高台の住宅地から近い場所にあり便利だ。料金は500p600p650pのコースがあり3P(女の子2人)プレイもある。

すぐに中に入り、3Pプレイをお願いする。出てきた2人はメスチーソ系だ。我が輩はおそらくこの店が初めてであれば極度に興奮状態にあったかもしれない。しかし山の上で2発抜いていたのでページの都合上この店についての記述は割愛しておく。  

この店を出た後に向かった場所はダウンタウンの街中にある置屋バーというか援助交際パブ。

ひと言で言えばバンコクのテーメーやマニラのLAカフェのようなもの。ここへ訪れた時はもうすでに日は傾きかけたころだが早い時間でもけっこう女の子は居た。

アカプルコ版援交パブは旧市街のど真ん中で市場のすぐ近所にある。名前はベティという。

マニラやバンコクの援交パブでは日本人とバッティングをするので気の悪い思いをするが少なくともここアカプルコ風俗では日本人とバッティングすることはない。

すごく遊びやすい。ただ英語は街のどこでも通じません。会話はスペイン語オンリーです。

援交バーを見た後、さらに街中風俗を探索する。時間は夜の9時を回る。

立ちんぼは深夜になると海沿いの真ん中編にたむろをしている。我が輩はゴーゴーバーを見たくなったのでゴーゴー街を見て周ることにする。

ゴ^-ゴーはホテルの裏通りなどに点在している。しかしゴーゴーで一番設備が綺麗で女性の質が上なのはCopaGratisグループが運営するダイアナだと思う。質ともに飛びぬけている。

我が輩はたまたま街を歩いている時にこの店のチケットをもらった。運転手を連れて店へ出陣、そしてカウンターに座ると運転手とビールを飲む。ダンサーは白人のモデル系だ。見てるととにかくスタイルがいい。連れ出しについて交渉をする。そして連れ出すこととした。

彼女のSEXはドライでクールであった。100%白人系は少し冷たい。

ところで今日何回目の射精だろうか。もうとっくにタネも尽きているはずなのだが男とは相手が変わるとどんどんできてしまう。今夜の夜最後はロシア系白人の腹部に思いっきり吐精をしてラストにした。

■アカプルコは超強烈な街

最後にアカプルコですがいたるところに風俗があります。 正直我が輩もここまで強烈だとは思わなかった。

念のため夜到着のフライトでは荷物の中身を全部空けられること覚悟してください。

そして厳しい取り調べもあります。しかしそれ以上にアカプルコの夜は最高です。 近い場所ですのでぜひ逝って下さい。

また余談ですが前回のベネズエラ編では励ましメールをたくさんいただいた。

粗末な文面にも関わらず励ましメールを頂いた方どうもありがとう。 お礼に本稿の記事を捧げます。

なお、前回同様もし小生に共感する意見がありましたら下記まで感想を送ってくだされば今後の参考にします。

ただし繰り返しますが気分屋ですので返事を返すこともあれば返さないこともあります。営利ではありませんのでその辺だけはご了承ください。

面白かったなど単純な励ましでけっこうです。   機会あればまた体験記で会いましょう。

ではまたアスタラベスタ!

miyabiocan@yahoo.co.jp  筆:雅(ミヤビ)


■ 雅さんの掲示板 世界の旅、アジアの旅