地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1919回 ホーチミンでの風俗体験 by がまがえる

ホーチミンのバイタク、シクロ、一部のタクシー運転手のボッタクリに頭にきて(と言ってもガンガンまくし立てて正規料金しか払ってないが)、「あと10年はホーチミン行かねえ!」と決めているので、体験した風俗を話す。

まず、ホンダガールは夜7時~10時頃ベンダイン市場近辺をウロウロしていると必ず出会う。

2ケツしていて「後ろの子どう?」と声を掛けてきたり、「若い子紹介する」と声をかけてきたりする。

もしくは、夜遅く市内をウロついていると男女問わず必ず声をかけてくる。料金は20ドル~50ドルいずれも相手にしなかった。

理由はボッタクリの可能性が高い為(利用していないから真偽のほどは分からない)。

利用したのはドンコイ通りを川側から入って少し歩いて左手(高級な中華屋の並び)に「29」というバーがある。

たまたまベン・ゲイの出港までに時間があり、単純に「ビールでも飲むか?」と思って入口にハイネケン3万ドンなどと書いてあるこの店に入った。

店に入るとミニスカボディコンギャルが7~8名いる。

入った瞬間「ヤベー!」と思ったが、メニューを見せてもらうと確かに「ハイネケン3万ドン」で嘘偽りないのでハイネケンを注文。

すると店のボディコン姉ちゃんが一人近づいてきたので「ゴメーン。飲みたいだけなんだ!」と適当な英語で話すとそそくさと退散。

するともう一人別の娘がやってきて「一杯おごってよ!」と言ってくる。この娘が結構可愛くちょっと考えてると、すかさずオーナーらしきおばちゃんが「女の子のドリンク1杯5万ドンであの白人みたいにイチャイチャできるよ」というのでふと横を見るとボディコンギャルが2人の白人客とイチャついている。

これは騙されるしかないと思いとりあえず1杯おごると触り放題。触りながら考えた。 ビール1本3万ドンでお触りドリンク1杯5万ドンなら高いんでは?と思ったが、5万ドン(約250円)なら安い。

と思い触っていると、10分も経たずに1杯飲まれ、もう1杯おごる。

すると、上でボンボン(Hの隠語)しようと言いだされ、再度やばい雰囲気が充満。

いくらか聞くと50ドルというので、とりあえず店の会計自体怖いので、「ベン・ゲイの出港時間だから時間ないからまたね。」

と言って恐怖の会計だが、自分のハイネケン1本3万ドンと女の子ドリンク1杯5万ドン×2杯の合計13万ドンで超明朗会計。

もう少し長居すればよかったと思いつつベン・ゲイの出港時間まで時間を潰す。

ベン・ゲイでビール3本飲み、再度「29」へ。先程の女の子がまた近寄ってきて、今度は安心してハイネケンと女の子ドリンクを注文。

するとまた「上行こうよ」と催促されるが、その後クラブに行く予定で、「10時以降じゃないとクラブが盛り上がっていないだろうと考えまたちょっと寄っただけだよ」とかわしてお触りに徹する。

また自分のハイネケン1本3万ドンと女の子ドリンク1杯5万ドン×2杯の合計13万ドンで超明朗会計。

その後予定通り近所のクラブで初めはビール1本安くても6万ドンを払い(キャッシュオンの明朗会計)大人しく飲んでいたが、盛り上がるってくるのと同時に周りにいたオーストラリア人や地元の女の子などに奢りながら、自身も7.8本なんやかんや飲む。

※自分も若いころ香港やタイのクラブで外国人に奢ってもらって楽しんだ思い出があり、今回はその恩返しとばかりに若い子に奢ってやっていた。

クラブを出たのが1時頃で、夕飯時にビール1本、お触りバーで合計2本、ベン・ゲイで3本、クラブで7.8本と合計4リットル前後ビール等を飲んだためさすがに少し酔って「29」へ再々度行った。

するとまた例の娘が寄ってきてオーダーを取ろうとするが、もう飲めないのでこちらから2階へGOという感じで50ドル払って2階へ行き、ソファーでフェラそして合体。

帰り際にチップくれというので20ドル渡して合計70ドルでベトナム娘と合体でした。

それから2日後果たして70ドルは高いのか安いのか分からないので、今日はビール2本と女の子ドリンク4杯の合計26万ドン(約1300円)で1時間粘ってやると思い

またもやベン・ゲー待ち(この遊覧船が異常に気に入って2回も乗りました)で「29」へ行き、例の女の子を触りながらハイネケン1本と女の子用ドリンクを頼み、イチャイチャしていると、オーナーらしきおばちゃんが「ごはん食べた?これおいしいから少し食べてみて」と声をかけてきて、一口もらったが特に美味しくはなかった。

そのままイチャイチャを継続していると、息子をさすられどうしても元気良くなってしまい、ハイネケン1本、女の子ドリンク3杯を消費したところで「チップ10ドルでいいならいいよ」というとOKの返事で店の会計を済ませ2階へ行った。

2日前と違ってほとんど酒も入っていなく、また決してボッタクリ店ではないということが分かっていたので、今度はネチネチ触ったり、指でクリトリスを転がしながら、指で1度イカせて、間髪おかずに思いっきりぶち込んであげました。

バイタク、シクロ、タクシーまでもボッタクリが横行しているホーチミンでこんな怪しい店が明朗会計(ショートでチップ込60~70ドルが高いか安いかは別として)であるとはビックリしました。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS