地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1850回   ソウルでの思い出 by チョコチョコ

チョコチョコです。昔のソウルの思い出を書きます。今のソウルはどうなんでしょう。取り締まりが厳しいようで。

午前中ソウルのホテルにいると、電話がかかってきた。出ると女性の声。チョットお金がいるので夕方には必ず返すからお金を貸して欲しいと。 断ると、ホテルのすぐ近くのデパートの入口にいるからチョットコーヒーでも飲まないかとのお誘いに変わった。

少し興味もあったので、おっかなびっくりながらそのデパートに行こうとしてホテルを出た。 ホテルを出るやいなや、男の人から声をかけられた。家族に会わせるから家に行こうということで、 タクシーに乗せられた。怖さよりも興味が上回った。

着いた家はオンドルのある韓国風(?)の家だった。居間に通されると、老婆がにこにこしながら こっちを見ている。あまり掃除していない鏡台があり、口紅など化粧品が無造作に置かれていた。

男は2階に行き、何か叫んでいる。間もなく、スッピンの女性二人が居間に降りてきて僕の前に座った。 顔見せだった。二人とも女子大生だと男は売り込んできた。

これも経験と思い、二人のうちの美人の方を選んだ。すると男は前払いを要求してきた。これもまた経験 だと思い金を支払った。僕が仕事の間は彼女はホテルの部屋で待っていて、僕が部屋に戻ってからは彼女は 奥さんと同じだよと男は言った。

彼女にタクシーを拾ってもらい一人でホテルに戻った。 夜になると、ホントに彼女はホテルにきてくれた。

今度はちゃんと薄化粧していた。勿論女子大生と言うのは嘘であった。 シャワーに誘うと韓国人は一緒に入らないと彼女は言った。

シャワーから出てくると、彼女はすでに全裸になって、体育座りで足を交差して椅子の上に座っていた。 足を組んでいるのでおまんこは見えなかった。長い髪の毛でおっぱいも見えなかった。

風俗経験の少なかった僕は、すでにおちんちんが硬直して上を向いていた。ましてや、ソウルでの初めての ホテトルであったから。

彼女がバスタオル姿でシャワーから出てくると、ティッシュを探していた。このホテルダメね、ティッシュが ないねとつぶやく。僕がポケットティッシュを渡すと、彼女は全部取り出し、1枚1枚ひろげては適当な大きさに たたんだ。その間は、セクシーな視線をこっちに投げかけてきた。この焦らしも前戯だ。

彼女のお毛毛は薄くて、きれいなおまんこであった。 射精が終わると、さっき用意したティッシュでおちんちんを拭いてくれた。添い寝をしたかったが、シングルベッド 二つのツインルームだったので、彼女は寝られないからと言って添い寝は断られた。

翌朝、目が覚めると彼女がいることに気がつき、彼女のベッドに潜り込んだ。おっぱいやおまんこを優しく触りながら

彼女を覚まし、早朝おまんこをした。 彼女のおまんこは凄く締まりが良くとても気も良かった。

彼女は一人で軽くシャワーした後、帰って行った。初体験でした。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS