地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1833回   ヤンゴンの健全マッサ店でエロエロ by アジアナイトウォーカー

ミャンマーの旧首都ヤンゴンに遠征してきました。

夜のお楽しみまでの時間潰しに、以前の投稿にもあった「お触り自由マッサ」ボンミンに行ってみたのですが、ちょっと印象が悪くて結局マッサージを受けずに帰りました。

・入口のどこにもMASSAGEの表記が無くわかりづらい

・エレベーターが半壊していて、ボタンを押しても動かない  (半開きの扉から叫ぶと、内部にいるボーイが手動で動かします!)

・18時の入店で金魚鉢のなかには、ヤル気なさそうな尾根遺産2名のみ ビルも店内もボロボロ って感じです。

そこで次の日は、健全マッサージ店のあるオリンピック・ホテルに向かいました。 火鍋レストランがあるので、中華系ホテルのようです。

ということは、もしかしたら?と少し期待を持ちました。 ネットには「連れ出し出来さえすれば何でもOK」という情報もありましたので。

2階に上がると受付横に金魚鉢がありました。やはり18時頃でしたが、尾根遺産は13名いて、何人かは「私を指名して!」と微笑んでいます。ボンミンとは大違いです。笑顔がチャーミングだったミャンマー娘Nちゃんを指名しました。

案内されたホテルの部屋にはベッドが3台。他には何もありません。 部屋の使用料が、時間に関係なく3000チャット(約300円)。 マッサージ代金が1時間につき3500チャットでした。

終了予定時間になると、ボーイが部屋に請求書を持ってきます。 それを見ると1時間というのは、実質45分で計算されていました。

困ったのは、ここのスタッフも尾根遺産もほとんど英語ができないのです。 (ヤンゴン内の他の遊び場では英語で充分でしたが。)

ハウマッチとワンナワーくらいは通じましたが、あとはボディランゲージです。 部屋の扉は完全に閉められないようになっていて、廊下を歩くスタッフが内部を見ることができるようになっています。

「こりゃあ、エロは無いな。」と思いました。 タイ古式マッサで、技術は本国には劣るものの悪くはありませんでした。

初対面の尾根遺産とベッドインする際、雰囲気を和ませる為によく使う手があります。 背中や脇腹を触られたときに、大袈裟にくすぐったがってみせるのです。

本来がノリの明るい尾根遺産だと、これでいっぺんに和みます。そして必ず、面白がってまた同じ所を触りにきます。「いひゃひゃひゃ!」と身体をよじってから、頬を膨らませて怒った顔をユーモラスに作ると、もうこっちのペースです。

3度目に触ってきたらこちらも仕返しに、膨れ顔のまま瞬間のオッパイ・タッチやアソコ・タッチで反撃!この繰り返しで「じゃれ合い」モードに持ち込んでしまいます。

Nちゃんにもこの手は見事にハマり、言葉は通じなくてもすっかり気にいってくれたようで「トゥモロー」「ユー」と言いながら床を指さします。また明日来てね、と。

翌日、バンコクへ戻るフライトが夕方だったので、チェックアウト後の時間潰しも兼ねて昼から再度Nちゃんに会いに行きました。

2時間コースにしたのですが、始めてすぐにNちゃんから3hour!とせがまれました。試しに「3hour、マッサージ、ヒア」と愚息を指さすとNOの返事。

しかし昨日の流れでじゃれ合っているうちに「OK、マッサージ」とNちゃんの方から愚息を指さしてくれました。思惑通りの展開に内心ガッツ・ポーズです(嬉)

ドアから中を見られても普通にマッサージしているように装いながら、見えないようにNちゃんは愚息をマッサ着のうえから撫でてくれます。こちらも見えない死角で、Nちゃんの裾から手を突っ込んで、ブラを掻い潜ってナマ乳を揉みまくります。

「本来こんなことをしてはいけない娘と、隠れてこんなことをしている」というのはメッチャ興奮するシチュエーションで、愚息は最大硬度に。Nちゃん、親指と人さし指で愚息の太さを測り、次に私の手首を同様に2本の指で掴みながら目を丸くしています。

「手首みたいに太いのね!」という意味だと理解しました。(実際そんなことはありませんが)

東南アジアの尾根遺産たちはアソコの毛が薄い子が多いですよね。ミャンマー娘も同様です。そのせいか、3泊して遊んだ娘もみな、私が毛深いことに興味津津でした。

決して気持ち悪がってはいなくて、珍しそうに何度も私の腕の毛を撫でたり、胸毛を撫でたりしていました。毛深さに自信のある方、ミャンマーではきっとモテますよ(笑)

Nちゃん、私の下の毛がどんな風なのか気になっていたようで、マッサ着内に手を入れて陰毛を撫で始めました。そこでこちらも攻撃対象を変更し、スカートに腕を突っ込んで奥へ奥へと進ませます。

ピンクのパンティ越しでも、その内側が熱く潤っていることが温度と湿気でわかります。私がクリ周辺を撫でている間、Nちゃんは玉揉みと竿しごきを交互に繰り返してくれます。

そのまま手コキでFINISHも考えましたが、ここまできたらあとひと押し!と思い、「浴室で隠れてHしようよ!」とジェスチャーで伝えます。しかしNちゃん、廊下を指さして首を横に振ります。持っていたメモに「20$」と書いて再度お願いしてみましたがダメ。「30$」でもダメ。

ならばもっとソノ気にさせようと、Nちゃんのオシリにカッチカチの肉棒をグイグイと押しつけます。Nちゃん、マッサの手が完全に止まり目を閉じて感じているようです。そして親指を私に立ててみせます。これは私が前日、マッサの最中に「ソコが気持ちいい」と伝えるために使っていたサインです。

ここでもう一度、浴室でしようよ!と誘いますが、Nちゃんは悲しげな表情で廊下を指さし「No」と。そして(着衣したままですが)豊満なおっぱいを肉棒に幾度も幾度も押し当ててきます。

これは「ワタシもしたいけど、それは無理よ」ということなのかな、と推測しました。

あっという間に2時間15分(45分×3)経過してしまい、ボーイが請求書を持ってきました。Nちゃんは何事もなかったかのように飲み物を運びに出ていきます。しかしボーイが去ると、私に抱きついてきました。そして潤んだ瞳で「トゥモロー」と。

それができるならそうしたいけれど、私は腕時計を指して「GOバンコク、トゥデイ」といい、そっとNちゃんのおでこにKISSして別れました。

もし他のスタッフに見つかっていたらどうなったかわかりませんので、このレポートを読んで現地でマネをされても、私は一切責任は負えませんのであしからず。

ヤンゴンでは他に「JJ」「アジアプラザ」「パークロイヤル」と遊んできました。ぜひまた再戦したいと願いたくなる、素晴らしい逸材揃いでしたよ。

出会った尾根遺産たちの写真や夜遊びレポートはブログにて公開しております。 ミャンマー娘にご興味のある方は、下記までお越しください。

「アジアの尾根遺産」 カテゴリー「ヤンゴン」で探してください。

http://asianightwalker.blog134.fc2.com/

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS