地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1807回  マカオ夜総会 2泊3日 by  yukky

いつも楽しく投稿を見させてもらっていますので、今回自分がマカオで体験したレポートを簡単に紹介させていただきます。

マカオには過去に2回カジノ&風俗目的で行ってますので、今回3回目でだいぶ慣れて来ましたが、やはり事前にこのサイトで 調べて行きました。マ

カオへ行く場合、大抵香港に行きクーポンを買ってターボジェットで行くのが普通ですが、前回そのように マカオに行ったときに大変面倒に感じたので、今回直行便で行って来ました。ちなみに連れと日程が合わず、一人で行きました。

マカオ空港には、19:30過ぎに着き宿泊先のシントラホテル(新麗華酒店)にチェックイン後、真っ先に東方水療夜総会に行きました。

東方水療夜総会は、ワルドホテル(華都酒店)にあり、シントラホテルから徒歩で7,8分くらいです。エントランス前に、サッカーの サポーター風の兄ちゃんが東方水療夜総会と張り出した机の横にいたので、声をかけるとホテルのエレベーターに乗り、案内 されました。

サッカーのワールドカップ前なのか、店員はみなサッカーのサポーター風でした。とりあえず、コース名は忘れましたが 中国小姐60分の1380HK$のコースを選びロッカーでサウナ衣に着替えてシャワーを浴びました。シャワーを浴びていると、 向かい側で、小姐も全裸でシャワーを浴びているのが眼に入り思わずHな気分にスイッチが入りそうでしたが、平静を装い そそくさとシャワー(兼バスルーム?)を出ました。

次にどうすれば良いのか分からず呆然と立っていると、店員に広東語?で一気に まくしたてられましたが、英語で話してくれと伝えると別の店員に待合ルームらしき部屋に案内されました。

恐らく次の小姐の顔見せ までここで待機するのかと理解して、青島ビールを注文(40HK$)して字幕のないテレビを見ていると、しきりに「脚マッサージをしないか」と オッサンやらオバサン、可愛くない小姐がひっきりなしに来て断るのが結構面倒でした。

30分ほどしてやっと店員が来て「小姐を選ぶか?」 と言って来て、狭いバー兼待合室みたいな部屋に案内されました。中国小姐が20数名並んでいましたが、土曜日なのでかなり客は多かった ですが、なんと選んでいるのは私1人のようで逆に恥ずかしかったです。

恐らく他の客が選び終わった後に遅れて呼んだのでは?と思いながら、 にこっと笑って眼が合った28番の小姐を選びました。*このとき、自分のタイプのかわいい子がいましたが、眼をそらされたのでやめました。

28番の小姐は背は低く化粧は濃いめですが、細めでCカップくらいでちょうど良い感じです。脚のtatooはマイナスでしたが、 中国語で話すと愛想も良くサービスも期待できそうでした。

プレイルームですが、ワルドホテルの一室を利用するので、とても綺麗で 広くていい感じです。シャワーを一緒に浴びて、ベッドに行き早速プレイ開始までは良かったのですが、仕事の疲れのせいかフェラでは 全く勃たず、やむを得ず手コキとなりそのままフィニッシュしてしまいました。

プレイ中もサービスは良く、事務的なことは一切なく 会話も楽しめてとても良かったです。でも、あれっ、ここまでの流れって桑拿?夜総会じゃなかったっけ?と全部終わってから気づきましたが、 まあ結局、桑拿も夜総会もやる事は一緒だし、楽しければ良いと思い気にせずとりあえず、ワルドホテルを後にしました。

お腹が空いたので適当に大衆食堂(小龍包で有名なディンダイフォンの店名を勝手に?使ってる)に入り、小龍包と酸辣湯面を注文しましたが、 小龍包はなぜか油がギトギトで、酸辣湯面は麺がまずくとても日本人の口には合いません。

*ちなみに台湾の小龍包で有名なディンダイフォンはおいしいです。 その後、MGMカジノまで徒歩で行きバカラで負け続けて6000HK$をすって、意気消沈してホテルに戻り、明日取り戻せばいいや と自分に言い聞かして強引に寝ました。

翌日、MGMカジノまでまた徒歩で行き、またバカラですが、ラッキーにも同じテーブルにめちゃ強い金持ちの中国人がいて、 客全員がその中国人に乗っかっていたのですが、10連続くらい勝ったので一気にチャラまで取り戻しました。

ちなみに、その中国人は2回はずした後あっさりと席を立ってどこかへ行ってしまったので、残された客はみんな「どうする?」みたいな 感じになったので、私も止めてチップを全部換金しました。

今回、バカラで勝つために勉強になったのは、「強運を持つ金持ちの中国人に乗る」でした。 負けを取り戻して、意気揚々と次なる夜総会、金龍夜総会(金龍酒店)にまた徒歩で向かいました。

金龍夜総会は、警備員に聞くと金龍酒店で受付するのではなく、隣のビルの6Fで受付するとのことで、受付に行くと日曜日のためか 客は1人もおらず店員も暇そうにしていて、急に不安になりましたが今更引けないのでまずシステムを聞くことにしました。

私が日本人と知って、日本語が分かるDebbyという店員が来ましたが、全然日本語が分からず結局中国語でした。 まず、カラオケルームのような部屋で小姐を選び、飲み物とフルーツを飲み食いしながら小姐としばらく過ごし、 もし気に入らなかったら小姐はチェンジできるし、気に入ればそのまま金龍酒店の部屋でプレイするとのことでした。

カラオケルームで待っていると、小姐が入ってきましたが、日曜日のためかたった6名!でした。 6名のうち5名は、まあまあ普通で没問題なレベルでしたが、いました模特(モデル)級が!顔もストライクで背も高く、細くてDカップが!

名前は蘭蘭(ランラン)だったとおもいます。今までのマカオ風俗で文句なし最高の小姐です。そこで料金を確認すると、約1800HK$で 桑拿の明星級か模特級の料金だったので、やっぱりという感じでしたが、もうそんな事どうでも良かったです。

また、その小姐は大学で日本語を勉強したらしく、片言の日本語を話すのですが、そこがまたかわいくて激萌えしました。

カラオケで2曲一緒に歌った後、金龍酒店の一室へ行き、一緒にシャワーをしてベッドへ。 かなり舞い上がってた私は、知っている中国語を総動員して小姐を褒めまくりました。それが良かったのか、小姐も良い気分になり エッチな声を出しつつ耳なめから上半身リップ、フェラまでまるで恋人気分です。

*でもキスはやはりNGのようでした。 こんな小姐私の上で騎上位で腰を振るなんて、もう夢のようです!。

しかし、さっきビールを2本飲んだためか、気持ち良いのとは 裏腹にフィニッシュできません。こんなすばらしい状況でフィニッシュできないなんて男としてどうなん?と自問自答している内に 萎えてしまい、時間もないのであきらめました。

その後、シャワーをして体を拭いていると電話が鳴り、小姐が出て店員となにやらもう終わった ような事を話していると、電話を代われと言って来ました。電話では男の店員が、中国語でサービスはどうだったみたいな事を聞いてきたので、 文句のつけようがない、すごく良かったと答えてやりました。

すると、その電話の後から、急に小姐の態度が変化しました。会話をしようとしても 全く聞いておらず、そそくさと行きましょうみたいな感じです。

別れ際も、またマカオの来たらよろしくみたいな事を言いましたが、愛想もなく 去って行きました。

そのとき悟ったのですが、小姐はプレイが終わった後の電話で客からサービスが悪かったと言われると店側からうるさく言われたり 注意されたりするので、プレイ中は大変サービスが良いのでは?でないと、プレイ後の確認電話が終わった後の態度の変化は説明がつかない と思いました。

せっかく良い気分だったのに、そんなもんかと思うとすごくせつないですが、プレイ中は最高だったと納得することにしました。

以上、初めてレポートさせていただきましたが、また機会があれば何度でもマカオに行ってまたレポートさせてもらいますので。。。