地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1733回 パタヤのお風呂屋さん  by ケン

2月にパタヤに1週間滞在しましたのでお風呂屋さんの報告を。

ゴーゴーバーから置屋等色々このサイトで情報をチェック、用意万端で初のパタヤ訪問です。

ネットで探した南パタヤのホテルにようやくチェックイン、地図でみると歩いていける距離にお風呂屋PPマッサージがありますので行ってみました。

夕方5時くらい、金魚鉢には20人程度います。レベルはなかなかのもの。どれにしようか選択を楽しんでいるとすらーとした美形が入ってきました。

顔も美人で迷わず指名、2000バーツ払い部屋に、ちゃんとボディ洗いもしてくれてベットインです。クンニをして責めてみると軽く行ってくれましたがもっと本格的に行きたいようで、自分で両手を使ってオナーニを始めました。

行くと舌をだして恥ずかしそうなそぶりを見せました。

今度はあなたと言うことで正上位で攻めると、また感じ始めたようで、スピードを上げて攻めると、閉じていた両目をカー開けて、どーんと行ってくれました。

小生はまだです。面白そうなので延長(1800バーツが90分の値段です。)してもう一度彼女を行かせて終了。

翌日は4時出勤とのことなので、4000バーツ渡すからホテルの部屋に2時に来るよう伝え、翌日はホテルの部屋で、なんと彼女は5回行ってくれました。

終わっても起き上がるのが大変な様子で、貴方と一ヶ月暮らしたら死んでしまうなどと男心をくすぐります。

結局この日は彼女仕事を休んだみたい。翌日2時に彼女の携帯に電話すると調子が悪く寝てました。

それで3日目はサバイグループの3軒をまわり、サバイルームでこのサイトに出ていた子を指名しましたが、スタイルは良いものの結果はアウトでした。

4日目からはまたPPにもどり彼女と、シャワーを浴び直ぐ戦闘開始、終わってもぴたーと体を寄せてきますし、実に良い子にあたりましてラッキーでした。

最終日はこの子との後もう一軒、ウオーキングストリートにあるヘブンにも念のため行ってみました。

ここは3Pができます。雑誌には化け物そろいとありましたが、良い子がおりまして私には楽しめました。

ただ料金は入り口で900、後は女の子との交渉です。2000づつ渡しましたので、結局は高めにつきました。

PPはインド人がバスで押しかけて来て、客の大半がインド人、チップは初日は500、4日からは1,000あげました。

パタヤにはもう1軒、良い風呂やがあるようですが、結局覘いたのは5軒、入ったのが3軒。

バーには全く行かず、風呂だけで終わってしまいました。この彼女は20台と思ったのですが33歳で、9歳の子持ちです。

バンコックも良いですが、パタヤもお勧めです。

この後はシンガポールを回ったのですが、ゲーラン、イパネマ、マッサージ、全部三振をくらいまして、やはり遊びはよいパートナーに巡り会えないとだめですね。