地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1728回 パタヤの女で夢を見た  by 腐敗大学生

今年の1月末から2月の頭にかけて6泊8日の日程で初めてタイに行ってきました

今回は同級生の友人と2人で行き、コストと安全を考えて同じ部屋に泊まりましたが、連れ込む場合は絶対におすすめしません

最初は4Pとかできるかなとか思ったんですが、世の中そんなに甘くないです

自分もこのサイトと「外道の細道」を参考にしてバンコク・パタヤを回ったので今後、初めてタイに挑戦する方向けに書くつもりです

なので、ベテランの方々には物足りない内容かもしれませんがご了承ください. 現地では基本的に英語で、テーメーとパラダイスマッサージの時だけは日本語でした. 英語のレベルは中学生レベルに毛の生えた程度のものですが、そのくらいでなんとかなるもんです.

さて、本題に入りますが、1月29日の朝10時半、ベトナム航空の成田発・ホーチミン経由のバンコク着に搭乗. チェックインは結構人が多いので早めに行くことをおすすめします. ちなみにチケット代は諸費用・サーチャージ込で35000円でした. バンコクに着いたのは現地時間の18時半.

ここで読んだ通り出国ロビーの出口でタクシーを捕まえるも、結果的にぼられました・・・ 高速通るから400バーツでどうだ?ときかれ安いと思って了承したんですが、ガイドに毅然とした態度で断りましょうって書いてあったのを 了承したあとに気づいて凹みました・・・ まぁ、そんなに大して金額じゃないんですけどね. 帰りのタクシーは高速込で270バーツほどでした.

渋滞などの停止時間も課金されるので一概には言えませんが概ね300バーツ前後かと思われます. ホテルはソイ11の割と奥の方のホテルでした. あと、タクシーなんですが、ピンクとかオレンジのじゃなくて緑と黄色のツートーンカラーのほうが安全じゃないかなと思います.

話を戻すと、ホテルに着いてひと休みしてナナプラザへ. 9時過ぎくらいだったかと思いますが、あまりの熱気に二人して気圧されてしまい、一旦ご飯を食べ再突入. 外道によるとG-SPOTがロリ巨乳が多いということでまずここへ.

とりあえずコーラを注文し、他の店も回りたいので一時退散. 普通にカワイイ子が多かったです. その後、レインボー系からロリポップ、はてはエロティカまでめぐり、再びG-SPOTへ

うわさ通り、すごい居心地の悪い店です. 閑散としててママさんの押しが強いこと強いこと. 友人はステージで踊ってた子を、僕はソファに座ってた子で、最初に入った時からアピールしてきた子を席につけました

向こうからペイバーを持ちかけてきたから交渉してみることに. ロングでペイバー込で4000バーツ. セブンイレブンでご飯を買ってホテルへ. 友人の連れ帰った子はいい子だったんですが、僕のがハズレで・・・

携帯で電話するの当たり前、風呂を促すも拒否、やっと風呂入ってきたかと思えば今度は本番をイヤみたいな感じで・・・ 切れそうになるのを抑えつつベッドへ引っ張りました. (同じ部屋の弊害がここらへんにあるんですが、二人同時にペイバーしたため、近くにタイ語を話す友人がいてしまうため、なかなかそういう雰囲気にならないんですよね 4人という大人数っていうのもそれに拍車をかけますが)

特に何かをしてくれるわけでもなく、なんとか1発発射して寝ることに. 寝てる間もずっと背を向けるってどう思いますか? 初日にして日本帰りたいって思いました・・・

翌日の朝、ホテルから返して観光へ. チップはなしです. その日は夜にオリエンタルマッサージへ.

セブン目当てで行ったんですが、長期休暇中とのことでちょいロリの入った子を選択. 友人はお姉さんみたいな人を選択(プロフは24って書いてあったけど実は30).

僕の子はタイ語しかしゃべれない以外、特に不満もなく時間めいいっぱい使って2発したんですが、2発だと追加料金なんですね・・・

メニューに書いて欲しかったです. みみっちいですが、1500バーツを1200バーツに値切りました. 欲をかきすぎると痛い目を見るっていういい例を作る結果になりました・・・

3日目も昼は観光. ちなみに寺とかガイドには露出の多い服装はNGって書いてありましたが、そんなことはありません. 現地人ですら短パンにサンダルです. 夜はソイカに行こうとしてタクシーに乗ったらものすごい絡んでくる運転手で嫌な予感がしたんですが、案の定変なところへ

路地裏で店の前に黒服をきたお兄さんがいっぱいいて、さすがに怖いので逃げました. 幸い変なところと行ってもシーロム駅近くだったのでしばらく歩いて安全そうなタクシーを捕まえてなんとかアソーク駅へ. 二人してテンションミニマムだったんですが、次の日からパタヤに行くのでなんとか気力を振り絞ってテーメーカフェへ

1時近くだったのであまり混んでなかったんですが、噂通りの世界が目の前に広がってました. やっぱりカワイイ子が多かったです. しばらく女の子を見るも勇気がわかず後ろの方で女の子を口説いてる男を眺めることに.

しばらくしてトイレの帰りに声をかけたおじさんがタイ歴10年のベテランと言うことでしばらくお話を聞くことに. なんでも、現地に勤めてる会社の工場があるとかで割と高い頻度で来るんだとか

その人から聞いた情報は

・G-SPOTは半分くらいLB

・時代はナナプラよりソイカ(これは個人的には反対です)

・ロングは3000バーツまで値切れ

・値切るときに女の子の性格がわかる

・ペイバー代以外は女の子に払え

・LBかどうかは手を見て判断しろ

・細心の注意を払っても連れ帰ったのがLBならもう諦めて抱け

・テーメーはもっと気軽に声をかけてOK。相手にも選ぶ権利があることを忘れるな

・ショートでも泊まっていくことはある(もう1発やったらロング料金になるんでしょうけど)

こんなところでしょうか

結局、僕らは連れ帰らずに翌日からのパタヤに胸をふくらませてホテルに帰りました

僕らがバンコクで得た教訓は

・相手から寄ってきたら警戒しろ です

初日の女もあっちからアピールしてきたし、3日目のタクシーもあっちから寄ってきたのに乗ったらヒドイ目にあいました。

初めて行く方は気を付けた方がいいと思います。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS