地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1700回 ヤワラー情報 by Sushi

仕事は暇なのに、休みが取れず、2年ぶりの訪泰です。 今回は、初めてタイで携帯を買いました。

MBKで携帯(1000B),SIMカード(100B)、プリペイ(100Bぶん)を購入。 自分のはダメだったけど、Simカードの使える携帯なら、200Bでタイで携帯が使えます。よって、次回からは、200Bで携帯が使えます。

こんなの常識で情報が無いのかもしれないけど、今まで知らなかった。

Nanaの情報は多いので、ヤワラーの情報を探しました。

空港から深夜過ぎに、ヤワラーのWhite Orchid Hotel に着。 1300BならNanaホテルの方がいいけど。しかも別の日に行くと、2000B以上言われた。1300Bで2日前に泊まったと言うと、1300Bになり、その時の部屋は、お湯が出なかったと言うと、もう1ランク上の部屋に変えてもらえた。

部屋からホテルのマッサージの電話を入れると、すぐに来ると言うので、ぬるいシャワーを浴びて待つ。 来たのはオバサン。ま、見方によっては可愛いけど。40前、35くらいか? リスっぽい、昔の坂本九の嫁さん似。

1時間350Bのマッサージ。AM2時ごろまでやってるそうです。 終了15分くらい前になって、スペシャル マッサージの誘い。ローションで手コキ。マッサージ込みで1000Bだそう。 手より本番の方がしたいけど、1100Bしかない。

とりあえず、本番を誘うが、チャカチャカは嫌いでダメと断られた。 じゃ、上だけでも脱いでくれればと、感じさせれば、させてくれるだろうという思いで誘うがダメで、その代わりいくらならOKか?と値下げして来た。

1000Bでも安いと思うので、断り、マッサージだけ受けようと思ったら、服を脱ぎだし、パンティー1枚になった。

早速ローションで始めようとするので、寝かせ、胸をもむ。キスはダメなので、首筋から胸にかけて愛撫。 期待はしてなかったけど、すごい感じようで、背中が伸びきり反っている。

これならはと、パンティー内に手を入れると拒否されたけど、それほどでも無いので、そのまま穴に指を押し込む。 もう十分と思い、パンティーを脱がそうと思ったが、ダメだった。

パンティーの横から、穴が覗けるので、クリトリスを舐めながら胸を揉むと、体が弓なりになり、いきそうなくらい感じてる。

この状態で、何故ダメなのか?少し入れてみようとするが、絶対ダメなので、右手の中指は穴の中、左手で胸を揉み、女にかいてもらって、女の腹の上のタオルに射精。

これもまた、気持ちいい。

次の日は、ヤワラーのテキサスに挑戦。

PM11時がクローズなので、急いで向かう。PM10:45到着。 ひな壇に2人、しかも小太りのオバサン。コンシアも、”ツー オバサン”なんて言ってる。 もう来る機会がないので、1200Bだし、とりあえずどっちか選ぼうと思ったが、2人とも客が来てるのに、テレビに夢中。

敷居が高いのじゃなく、低すぎて、地下にもぐっていて、またぐのが怖いヤワラーでした。