地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1696回 パタヤの夜の遊び方 by ノム

今回はオネイちゃんとの体験記ではなくバンコク郊外のリゾート、パタヤに初めて行く人がオネイちゃんと遊ぶのに参考になればと投稿させてもらいました。

バンコクのBTSエカマイ駅のすぐ近くにあるバスターミナルに行き一番手前のチケット売り場がパタヤ行きだ。一人113BHTで全席指定、エアコン付だ。高速道路を約2時間走りパタヤのバスターミナルに到着。

バスを降りるとソンテオといって小型トラックの荷台を改造した乗合いタクシーが待ち構えている。人相の悪い男 が呼び込みをしているが別に怪しくはなくボラレルこともない。バスを降りた観光客のほとんどは海岸沿いのホテルに泊まるので手荷物と一緒に目一杯車に詰め込まれる。

ソンテオは10分走るか走らないで海岸に出て一方通行の道を南下する。道の右側はビキニ姿で寝そべっている女の子が見られ、左側は飲食店や土産物屋が軒を 並べ、リゾートに来たという気分がしてくる。

ソンテオは自分の降りたい場所の近くに来たときに車についているボタンを押すと止まってくれる。車を降りて運転席に回り窓から金を払う。乗るときに運転手にホテル名を言っておくと大抵その近くにきたときおしえてくれる。バスはウォーキング・ストリートの手前で一旦海岸から 離れる。

いつもこのあたりで車を降りるのでその後のことはよく分からないがここまでだった20BHTだ。 ホテルはいつもウォーキング・ストリートの近くに泊まることにしている。海岸に近く、島に行く船の乗り場も遠くないし、なんと言ってもこの辺にはゴーゴークラブがいっぱいあり夜遊びに便利だからだ。今回は1泊850BHTでバス、朝食付でWベットだった。

一休みして夕食まで時間があったらタイマッサージに行くといい。マッサージ屋はあちこちにあって1時間200BHT、2時間400BHTで帰り際、チップをあげても500BHTだ。気持よくて旅の疲れを癒すことができる。

次は夕食だ。夕食はパタヤビーチロードと平行に走るパタヤ2ndロードに沿った、パタヤランドのすぐ近くの中国系の人がやってるオープン食堂がある。店頭に水槽があり魚やエビが泳いでいたり、魚介類が並べてあるのでそれを指差せば料理してくれる。写真付のメニューもあるので心配ない。ウォーキング・ストリートにはシ ーフードレストランが沢山あるがこっちの方が安い。

さあ、腹ごしらえもできたところでいざ出陣!ゴーゴークラブはウォーキング・ストリートの周辺に一杯ある。スーパーベイビーやスーパーガールは比較的色白で小柄な日本人好みの子を揃えている。そのため日本人客が多く逆に引いてしまうこともある。数年前はハッピーやミントハウスが人気があったが今回はピーチクラブや プレイガールやアイアンクラブがよかった。

この他小さい店にもたまに可愛い子がいるときがあるので色々いってみるといい。ゴーゴークラブはバンコクのパッポン、ナナプラザ、ソイカーボーイやプーケット、チェンマイなど行ったことがあるがパタヤが一番だ。何を持って一番かというと店の数、女の子の数と脱ぎっぷりのよさ だ。トップレスは当たり前でスッポンポンスッポンポンの店も多い。

大体のゴーゴークラブは夜8時にオープンし、2時に閉店だ。飲み代は店によって違うがビールの小瓶やコーラが100BHT~140BHTくらいで入場料やテーブルチャージはない。最近ドラフトビールを置いている店が増え、これだと45BHT~80BHTくらいだ。小さいジョッキに入ってて味は薄いが飲み代を安くあげるにはいい。

踊ってい る子で気に入った子がいたらアイコンタクトをするか近くに立っているお姉いさんに頼めば呼んでくれる。女の子が隣に来たら飲み物を奢ってやる。女の子の飲み物はお客の飲み物の1.5倍くらいのところが多い。しばらく女の子と話をしたり触ったりして気にいいたらテイクアウトすればよい。

そのときは2人の飲み代の他バーフ ィンといって連れ出し料を店に500~600BHTほど払う。女の子にはショートで2000BHTよいうところが相場のようだ。超高級ホテルはしらないがホテルに連れていっても入り口で女の子のIDカードを預かるくらいで追加料金はとられない。

また女の子を連れだしたくない場合は女の子がステージで踊る時間になったて席を立ったすきに ずらかるのも手だ。もちろん一人で飲むだけでも全然かまわない。100BHT前後で裸の女の子を飽きるまで眺められる。

さあ、腹ごしらえもし、いざ出陣!と言いたいとこだがちょっと待て。財布の中身をチェックし、高額紙幣の1000BHTや500BHTは別のところにしまっておく。

1000BHTは色が20BHTとまた500BHTは100BHTと紙幣の色が似ているので酔ってたり、暗いとこでは間違えて大金を払ってしまうからだ 。

次に20BHTとまた100BHTを多めに用意しておくことだ。ゴーゴーバーの飲み代や踊ってる女の子にチップをあげるときに使う。前に飲み代の精算のときに500BHTで払ったら100BHTしかもらってないといわれごまかされたことがあった。

 小額紙幣はエカマイでバスのチケットを買うときやバンコクでBTSに乗るとき大きい紙幣で払ってお釣りをもらうかホテルのフロントで「スモールマネー」といえば大抵変えてくれる。またコンビニで水などを買うときも大き目の紙幣で払ってお釣りをもらうといい。

他のところではあまりつり銭を用意してない。  パタヤにはバービアというオープンバーがいっぱいあるがいつもゴーゴークラブのほうに行ってしまい詳しく知らないので自分で調べて下さいな。またソープランドもノースパタヤに何軒かあるがまだ行ったことはない。

 遊んでいるとあっという間にパタヤの休日は終わる。ホテルをチェックアウトしたらパタヤ2ndロードにでるとソンテオが何台も通るので「バスステーション、バンコク」と言う。

パタヤにはタイ東北部に行くバスがでる別のバスターミナルがあるのであえてバンコクと付け加えることにしてる。料金は来たときのように20BHT とはいかず60~80BHTくらいか。

 タイのお土産だがパタヤビーチロードに何軒かある出店で無修正のDVDが1枚100BHTで買える。

あとはバイアグラの類の薬が処方箋なしでどこのドラックストアで買えるがもちろん自己責任だ。

 以上は2009年11月時点の状況で店の良し悪しなども主観であるので、あとは自分で調べて円高を享受し人生を楽しんで下さい。