地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1691回 フィリピン・マニラ(マカティ)ブルゴス通り by キーヨ

2009/11の初のフィリピンマニラ出張時に夜遊びに行ってきました(超初心者です)。場所は三日ともブルゴス通りとその周辺です。

ブルゴス通りは、メトロ・マニラというマニラ都市圏のマカティ市という場所に位置し、地下鉄駅で言うとアヤラ駅が最寄りです。

ブルゴス通りはとても有名な歓楽街なので、タクシーの運転手に「ブルゴスストリート」と言えば、間違いなく連れて行ってくれます。英語に自信がない場合はメモ用紙に「Burgos Street」と書いて、運転手に見せればOKです。アヤラ駅周辺からであれば、タクシー料金は200-300円程度でしょうか。

ブルゴス通りにはゴーゴーバーを中心とした夜のお店が密集しています。日本を発つ前に、「PHW」というブルゴス通りならび他のフィリピン歓楽街地図が付いたフィリピン夜遊び雑誌の最新号を購入しておくと店名や位置関係をつかむのに便利です。ただ、店の情報は古い場合があるので要注意です(私は2日行ったうち、もう閉店していた店が2件ありました)

1日目

ブルゴス通りの「ボトムズ」へ。ブルゴス通りの入り口から徒歩2-3分程度の店です。入店したのが9時くらいだったためか、店内に客はまだまばら。女の子の数が20人くらいで男性客が5,6人という、男性パラダイス状態!がぜんやる気が出ます。

ステージの端で気だるそうにしている黒髪のかわいい子がいたので、目で合図を送るが、ちょっとほほえみ返してくるだけ。そうです、気に入った子がいたらウェイトレスに頼んで、「あそこの子にドリンクお願い」という必要があります。女の子におごるドリンクは1杯500円くらいだったと思います。

少し会話をしたあと、一緒に出たいんだけどOK?といったところ、OKと答えてきたので、バーファイン(店に支払う連れだし料金)3800ペソを支払う。え、こんなに高かったっけ?と思ったのですが、後から考えてみると、ロング(朝まで)とショート(セックス1回やったら女の子は帰る)があり、どうも自動的にロングになっていたようです。

股間をふくらませながらホテルへのタクシーに乗り、ホテルに入り、いざ、、、と気分が盛り上がってきたところで女の子いわく、「実は私、生理1日目なの。。」っておーい、そういうことは最初から言わんかい!確かにナプキンには血が付いており、トイレで用を足したときも水がピンクになっていたので、嘘をついているわけではなさそうです。

まあかわいい子だし、気立てはいい子なので、シャワーでお互いの体を洗った後、フェラしてもらうことに。タマを丹念にフェラしたあとに、こってりと生フェラ。

これがとても上手で大満足。お口に発射しました。その後はバスローブ着て抱き合って寝て、朝に再度フェラしてもらってバイバイ。女の子には3000ペソ渡す。

2日目

ブルゴス通り近くのマッサージ店に行こうと思ったのだが、PHWには載っているのだが店が存在しない。仕方ないので適当にゴーゴーに入ることに。入った店は「モンタナ」。

店に入ったのは8時半過ぎでまだ客はまばらです。ビール頼んでステージを見ていたら、ホットパンツにTシャツを着たダンスの上手な4人組がいて、その中の一人がとてもきれいだったので連れ出そうと思い、ドリンクをおごる。

しかし彼女の態度が妙によそよそしい。うーん、なんかおかしいと思い、隣のママさんに聞いたところ、ダンサーは連れ出し不可とのこと。

おーい、そういうことは早く言ってください、おかげでドリンク何杯もおごってしまってたよ。うーん、どうしようかと思っていたら、そのママさんが、この子はどう?と勧めてきたのは、茶髪で手足の長いかわいらしい子。

まあいいかと思いバーファイン、、、しようと思ったらなんだかもめている。IDがどうこうといっているので、ひょっとしてこの子すごく若い?っていうか連れ出しちゃいけないんじゃないの?

えー、と思っていたら、そのママいわく「オーケーオーケー何でもないからいってらっしゃい!」と無理に押し切られる。本当はショートが良かったんだけど、ロングしかないとか言われて、結局ロングになってしまう(4000ペソ近く払う)。

タクシーでホテルついて、女の子といちゃいちゃした後で、生フェラをしてもらったあとでゴムつけてセックスなんだけど、なんというかマグロ。こちらがクンニしてみるが、なんか反応が微妙で物足りない。何というか、やる気のない援助交際セックスって感じでかなり萎えました。

その後眠たかったのでロングだったけども早めに放流。3000ペソ払いましたが、今日は外れでした。 ちなみに彼女がホテル出口の警備員チェックにひっかかったらしく、警備員から「いまあなたの部屋にいたという人がホテルを出ようとしているんですけど、これって正しいですか?」と電話あり。

「はいそうです正しいです」と答えたら、「オーケーありがとう」と言われ、それでOK。IDの件はばれずに済みました。ホテル入り口に警備員が常にいて出入りを厳しくチェックしているホテルは要注意です。

3日目

アヤラ駅の近くのマッサージパーラーがあるというPHWの地図を信じて歩き回ってみるが、そんな店は一件もない。 いったんホテルに戻って再度ネットで検索して見つけたブルゴス通り近くのマッサージパーラーに行くことに。名前は「ドンペドロ」。

この店はマッサージパーラーもやっているホテルですが、ホテルの看板にはマッサージとは一言も書いていません。下記URLに地図があります。近くにミニストップがあり、ミニストップ手前の道を左手に入ると店(ホテル)があります。

http://donpedro.ktvphil.com/main.asp

ホテル入ると「マッサージ?」と言われるので、イエスといいましょう。イエスというと、入り口脇の階段から上に案内されます。登ったところには小部屋があり、窓のカーテンを開けるとマッサージパーラー嬢が30人くらいずらり。男の夢の光景です。

ざっと眺めて一番素敵だった手前の子をチョイスして、ホテル入り口で料金1500ペソくらいを払い、部屋に向かいます。

部屋で15-20分くらい待っていると、きました、かなり化粧は濃いけど色白、黒髪ストレートのアジアンビューティーです。シャワーに一人ずつ入ったあと、体をふいてもらい、いざマッサージ開始。

うつぶせになり背中を軽くマッサージしてもらったあと、あおむけになりゴムフェラしてもらってからいざセックス!

女の子の反応もよく大満足。彼女は英語がかなりできたので、会話も盛り上がりとても楽しめました。

終わった後、女の子には2000ペソほど渡しホテルに帰る。この店はおすすめです。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS