地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1652回  ジョホールバルの抜きありマッサージ   by けんけん

シンガポールのゲイランもいいのですが、やっぱり物価が高い国なので、お隣の マレーシアを開拓しようと思い、現地系のウェブサイト(SBFなど)で情報収集。

さすがにジョホールバルの情報も多く載っていて、そこにも載っているZon Regency Hotelにあるヘルスセンターも行った事がありますが、イマイチ。(お風呂は良かった ですが)

※SBFのURL http://www.sammyboyforum.com/

シンガポールで仕事をすると体が疲れるので(日本と一緒)、体を癒すため、スペ シャルのあるマッサージ屋さんを探して、行ってきました。

街中のイミグレーションと繋がっているCity Squareというショッピングセンターで タクシーを拾い、Pelangi Leisure Mallに。(約10分。タクシーはRM7だが、交渉制) 外に出て少し歩くとシェルのガソリンスタンドがあり、道を挟んだ建物の、韓国ビュッフェ レストランの上に今回紹介するマッサージ屋さんの「天一按摩中心 (Tien Ye)」があります。

2階にあがろうとすると、鉄格子が。鍵がかかっていて、店の人に「アンモー(按摩)」と 呪文を唱え、あけてもらいます。

上にあがって体温検査(新型インフルエンザの影響)を済 ませ、店内に。中国語で説明を受け(70%は分からん。1時間RM50って事がわかった ので、まぁいいか)、マッサージ部屋に。そこで、下を備え付けのズボンに着替えると、 ほどなくマッサージ嬢が。

名前はアージャオ。23歳って言ってました。ベッドに横になり、ズボンを剥ぎ取られて、 生まれたままの格好に(これは期待できるな)。全身をオイルを使ってマッサージ(下手 なマッサージ士よりもうまい。マッサージだけでもいいかもって感じ)。

けど、足のマッ サージの時、尾根遺産の手は玉のあたりをやさしくタッチ。そこで、手の届く範囲で尾根遺産 の足とかお尻とか触ったけど、怒られない。で、頭はエロイ事半分、あと半分は中国語の 勉強。

40分ほどして、HJ(手コキ)のお誘い。もちろん!とお願いすることに(チップRM50。 これはSBFのウェブサイトに書いてた通り)。尾根遺産はオイルで玉をマッサージし、竿に。

気持ちよく放出し、残った時間で再びマッサージ。きっちり60分で終了し、着替えてロビー に。お兄さんからお茶をもらい、TVの中国語ドラマを見て一服し、お支払いし、再見!

中国語が全然分からないと正直厳しいですが、片言でも分かれば、日本人でもウェルカムな マッサージ屋さんだと思います。

スペシャルのあるマッサージ屋さんって、肝心のマッサージ は下手な事が多いですが、ここはマッサージも◎・スペシャルも◎(けど、HJだけ。それ 以上は無し)。

尾根遺産は中国本土から来てて、さすが中国四千年の歴史!って感じでした (古いか。。)

是非、チャレンジしてみてください。