地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1639回  フィリピン夜遊び10泊旅行 アンヘレス編  by 雲のジュウザ

今年もお盆休みを利用してフィリピンに行ってきました。訪比はそろそろ30回程度になるんじゃないでしょうか。

すべて純粋に遊びだけで、大体1年のうち1ヶ月近くはフィリピンに滞在してる感じです。

 今回、後半の4泊は19歳の彼女(元ゴーゴーのダンサー)と一緒で遊べなかったんで、前半6泊の体験を報告します。

最初の3泊はアンヘレスです。マニラ空港から黄色いタクシーでビクトリーライナーのバスターミナルへ行きバスでアンヘへ移動。パシフィックブリーズにチェックインし、シャワーを浴びてすぐ夜の町へ。

 いつもどおりジョリビーで軽く食事し、キャメロットから大箱中心に徘徊しましたが目ぼしいのが見当たらず、なんとなく今まで入ったことのないクリスタルパレスに入ってみました。

ここは、昔のディスコだったときのイメージが強く残ってて、入ることがなかったんです。

 入ってステージからちょっと離れたソファに座ると、ネロスにいた馴染みのママがいるじゃありませんか。「久しぶり~」なんて話してドリンクを1杯ご馳走したら、その後はそのママにサンミゲルライトを2本驕ってもらっちゃいました。

そんなこんなで昔話に花を咲かせてたところ、明らかにこのテーブルを担当してるわけじゃないけど、なぜか常に自分の視界に入っているウエイトレスに気がついて、驕ってもらってて悪いなあという気持ちも手伝って「もう一杯分くらいは払おうかな」位の気持ちで席に呼んでドリンクを飲ませました。

 まだ時間も早かったんで連れ出しをあせる必要もなく、Pパブモードでボラボラしつつ面白半分で口説いちゃったんて以上にうまくはまって大変なことになっちゃいました。

周りの目を気にせずディープキス。胸元をはだけて胸をもませる、ストッキングを脱いでパンティのなかに手を入れさせると、周りの女の子だけならともかく客まで注目し始めたのでこっちが恥ずかしくなってきちゃいました。

 どうしても金が必要でバーファインして欲しいと思ってる女は過剰なサービスをするのもいるんで、どうせそれだろうと思ってたんですが、勢いでバーファインしホテルに連れ帰ってからもムードが全然変わらずビックリしました。

 部屋に入ってベッドに腰掛けたとたん、自分のパンツを脱がし始め、ディープキスしながらトランクス越しに撫で、ボチボチ硬くなってきたところでトランクスをずらしてカポッと咥えちゃいました。

  「シャワー」といってとりあえず開放されましたが、あまりの積極性に驚き完璧にむこうのペースです。彼女がシャワー浴びてる間にベットサイドにティッシュとコンドームを用意し、彼女の後で自分もシャワーを浴びてバスルームを出ると彼女が駆け寄ってきてバスタオルを剥ぎ取り仁王立ちの状態でフェラです。

そして十分な硬さになったところで、彼女がベットに手をついて立ちバックを要求です。

 「コンドーム」

 「アヨコ(やだ)」

 「バケット?(なんで)」

 「マハル カセ(愛してるから)」

なんてやりとりがあり、結局ゴム無しで挿入です。

 その後、ベットに戻り騎乗位、バック、正常位でフィニッシュです。濃厚なエッチで満足した後、ルームサービスのフライドチキンを食べて寝たんですが、翌日昼近くに起きるとまたゲームがスタートしました。

 結局、3日間彼女と一緒だったんですが、2日目以降は店を休んでずっとやってた感じでした。バーファインの次の日に休むとペナルティが発生するかもしれないと心配して「店に行ってバーファインしてあげる」と言っても、大丈夫だから心配しないでと言ってましたんで、「じゃあいいか」とお言葉に甘えてしまいました。

 4日目、ホテルをチェックアウト後、DAUのバスターミナルまでついてきて涙の別れとなりました。求められた訳ではありませんが、十分に満足させてもらったお礼として、別れ際に3000ペソ(≒6000円)握らせましたが、無造作にポケットに突っ込んで「次はいつ来ると?」としつこく聞いてきます。

お金なんてどうでもいいって雰囲気で聞いてくるんでこちらもちょっと感傷的になってしまいました。

 帰国後もテキストのやりとりをしていますが、9月になって「生理が来ちゃった」という連絡が入り、少しホッとしました。

よくありがちな「サポート」を求めることも無く、とても気持ちのいい女の子でしたので、また近々予定を空けて会いに行くつもりです。

 ちなみに彼女はクリスタルパレスのHPに写真がアップされているので、興味のある方は捜してみてください。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS