地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1635回  シルバーウィークの台北 その一  by かとちゃん

2009年6月以来の海外出張です。最近の台北情報です。(同好の皆様には珍しくもないと思いますが、、、)

シルバーウィークの前の木曜日、夜、30度を超す台北へ。 3泊4日の出張です。 その日はおとなしく爆睡。 金曜日は、朝から会議。夕方に自分のプレゼンでした。

7時からクライアントと食事へ。フカヒレ、アワビのおいしい 

www.singsing.com.tw です。

ここのオーナー日本でも有名な巨乳のいい熟女です。

おなじみでビールはサービス。

クライアントはまったく酒を飲まない人。食事後、ホテルへ帰り、また仕事の話です。胃の痛くなる話で、下手すりゃ台湾海峡に沈められるかと思いました。

酔いも吹っ飛びました。しかし、海鮮料理の何かの影響で、体が熱いのです。

商談を終え、自室へ。出かけようかと思いましたが、疲れ果てており、熱い体も落ち着いてきました。もう寝ようと思っているところに、在日の台湾の友人から電話。

仕事の話が終わり、何してるの? 「寝る」と応えたら、共通の知り合いのママに連絡するから待ってろとのこと。

http://www.naruhodo.com.tw/night/taipei.php

 このサイトのクラブ、日本語が通じ、安全でお持ち帰りクラブです。

ここに出ているお店のママが知り合いです。日本語ぺらぺらで、林森北路のお店まで出てこいとのこと。面倒だから「派遣」依頼。 デブでないおっぱいの大きな小姐希望。 ショートで10,000NTD。3,000はお店の取り分とのこと。高いと値切ると、じゃあ出てこいと言い張ります。

もう根負けです。そんな話をしていると元気になってしまいました。しゃあない、送ってとなりました。

30分ほどで部屋のチャイムがピンポン。出ると、そのお店では見たことがない顔。細身で160cmくらい。Tシャツの胸はパンパンです。小顔の狐顔の美人です。Wは55cmはないと思われ、くびれもあります。即OKです。

部屋に入るなりDepp Kissの嵐。下も触りに来ます。 ガツガツするのも嫌なので、まず、座らせてビールで乾杯です。口移しでビールを飲ませてきます。袖口には小さなタットー。

シャワーには一緒に、ペニスを引っ張られながらです。ここでへそ下からあそこ(剃り上げパイパン)にかけて、割と大きな鷲のタットー。私、墨は問題ありませんが、きめの細かい白い肌にここまでしなくてもと少し残念な気持ち。シャワーでもサービスのいいこと。手こきか、フェラです。

お風呂上がりにビール。そしてベッドへ。今まで攻められ放しのため、反撃です。パイパンはチクチクして痛いのですが、下へのキス、指入れもOK 乳首はピンク。

オッパイはでかいのですが、一部人工物入りです。あそこは細い割にしっかりと肉付きがよく、指でも狭いと思うぐらいです。

そんなに攻めるの上手いとは思わないのですが、下は濡れまくりです。 クリと中の同時刺激。乳首も嘗めてと大変です。完全に昇天してしまいました。一度白目をむいてヒクヒクなってしまいました。

焦らしたわけではないのですが、すぐ挿れてとせまります。生は危険。防御してから、熱く狭いへ突入です。穴に入れている感じではなく、肉壁に挟まれているようです。コンドームに白い粘液が着いています。ここでも本気でいっているようでした。

こっちはビール飲んでますから、すぐに行く心配なし。逆に中折れが心配でした。でも相手がいいと大丈夫。いろいろ体位を楽しみ、最後はM字開脚から、脚を肩にかついでの正常位で発射できました。

一緒に行けました。 終わっても出て行くなと言われ、ヒクヒクの余韻を楽しませてくれました。

普通はここで終わりですが、オレから、マッサージをしてあげると、お返しが来ました。うつ伏せになり背中に乗り、肩を揉んでくれました。

このとき、濡れたあそこが背中に当たり、だんだん熱くなってくるのです。背中に乳首を押しつけて来て、オナニーを始めているのです。

オレのチンチンを前にオナニーはねえだろうと思い、再装着、再挿入です。ソープでの二回戦もきついことがあるのに、相手が本気?だと、オジサン燃えましたよ。

疲れを知らない小姐。騎乗位でフィニッシュ。

今度は、おとなしく二人でシャワーを浴びて終了。約束の10,000NTDとチップを3,000。こんな景気のいいことをしていると、日本人の相場を上げてしまいますが、謝謝です。

次回は、直接とのことで、携帯番号とメアドを聞いて再見。 

その二へ

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS