地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1611回  台湾の暑い冬 by NONAME

今回で台湾も4回目、今回は以前の旅行で知り合った現地の方のお誘いに甘えて台湾南部へ。

夕刻日本を発ち桃園から新幹線で移動、新幹線駅は在来線と接続していないため友人が迎えに来てその日は大人しくホテルにチェックイン。

友人は仕事というので翌日一人で在来線で高雄へ遊びに行きMRTやバスを乗り継いで市内の名所旧跡を観光しました。

夕方からは高雄でも有名な六号夜市へ行きB級グルメを楽しんでいました。

そして夜市を少し外れた路地を歩いていたときの事、いかにもという感じの男が声を掛けてきました。

最初は中国語で、次に片言の日本語と英語で「女の方は要らないか?」と聞いてきました。

ホテルが高雄ではなかったので

「女の子は選べるのか?」

「安くてきれいなホテルはあるのか?」

「総額で幾らか」などとやり取りしていましたが近くのホテルと女の子は今2人いるから見てからで良いという事で、とりあえず危険が無さそうな所だったのでまずは女の子を見る事に。

 一人は小柄で中肉中背の可愛いタイプのアジア人、もう一人はスレンダーで綺麗系に入るタイプの欧米系でした。

後者とホテル代込みで12000円で交渉成立し一緒にホテルへイン!

後で知ったのですがそこのホテルは外人の娼婦がよく使うホテルで部屋は彼女が泊まっていた部屋のようでした。

プレイの方は部屋に入るなり挨拶代わりのキスの後二人で片言の英語と筆談で挨拶しながらシャワーを浴びベッドイン!

まずは挨拶代わりのマシンガンキスを彼女の全身に浴びせ指で下半身を探るともうしっとりと濡れていました。

それから彼女にフェラをしてもらいいきり立った一物をインしました。

彼女のあそこはとてもキツキツで恥ずかしながらあっという間に逝かされてしまいました。

あまりにも情けなかったのでもう1回をお願いしましたが追加で5000円取られました。

2回目はさすがに長持ちしたのですがそれでもいつもより早かったと思います。

まだまだ探せば台湾にも遊び所はあるものだと感じる旅行でした。