地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1597回  ゲイランって朝早いのね ・・・ by JJ

はい、お久しぶりの投稿です。いつもは、バリ島専門でしたが、今回はシンガポー ル、ゲイランのお話です。

仕事の関係でシンガポールに行くことになりまして、会社のスタッフが宿を取っ てくれました。「オーチャードでよろしくね」って言っておいたのに、なぜか宿 はゲイランのフレグランスホテル・クリスタル。

スタッフは「オーチャードのホテルは高いから」って言ってたけど、目は笑って いました。

まあ、これも天命と思い初めてのゲイランを楽しむことにしたのです。

シンガポールでの仕事も終わり、夜ゲイランに。仕事先から直接タクシーでホテ ルに入りました。

とりあえず、シャワーを浴びて食事に出ましたが、ホテルのフ ロントでおいしい店を聞いたら、ゲイラン・ロードに屋台が出ているからそこに 行けと。

ホテルからゲーランロードに行く途中の道路・ロロン18にはずっと怪 しげなマッサージ屋さんが(ちゃんと、店には番号がふってあるので、正規のお 店でしょう)。

店の前にはおじさんが立っていて、眼が合えば「マッサージ?」 と寄ってきます。私は少し、インドネシア語ができるので「ナンティ(後で)」 と言って、とりあえず腹ごしらえ。

食事の後、改めてロロン18沿いの何軒かのぞいてみました。

ほとんどの店が中華系らしく、店の前には中華式の神棚があり、おじさんも中華 系です。値段ですが最初は「$100」と言ってくるので「高いよ~」って言う と「じゃあ、40分で$80だ」と言ってきます。

どこも、同じ値段を言ってくるので、そのうちの一軒に入ると、狭い店の中にお 姉さんが3人ほどいて「どの子にする?」っていうので、小柄で目が大きい子に しました。

部屋は、店内に2~3室あるようで、部屋に入るとダブルサイズのベッ ドがありました。結構きれいでしたが、鏡張りの部屋でしたので、ちょっと恥ず かしいです。

部屋にはシャワールーム(狭い・日本のヘルスみたい)もあり、ちゃ んとお湯も出ました。

シャワーで洗ってもらってから、一手お願いしましたが、生F、乳首なめ、騎乗 位、正常位という流れでした。

おねいちゃんは「ち○○んでかいねぇ」と日本語 で言ってましたが、平均点以下の私の物ですから、ちょっと空々しくなったのね。

一手、お手合わせ願った後、再度シャワーで洗ってお帰りとなりましたが、チッ プのおねだりはなかったです。

ところで、ここは何時までやってるんだろう?と思い、改めてお店の玄関を見る と朝の4時までとあったので「じゃあ、また後でもう一戦」と思っていたのです が、昼間の疲れで眠ってしまいました。

翌朝、目ざめ「う~む、昨日頑張って起きてもう一線やっとけばよかったか?」 と思いつつ、朝食を取りにまたゲイランロードに歩いて行きました。

当然、通り 沿いのお店は閉まっていましたが、道端には色っぽいおねいちゃんが座っていま す。すると、お兄ちゃんが寄ってきて「マッサージ?」と声をかけてくるのです よ。

わっ、こんな朝(この時点で午前7時30分)から?と、思い「とりあえず、 朝飯食ってくるからまた後でね」と断り、朝食へ。

朝食後、さっきのお兄ちゃんに捕まったので「いくら?」と聞くと「$40で」 と。「ホテル代は?」「込みだよ」「んじゃあ・・」と商談成立。

おねいちゃんは、ちょっとランクは落ちますが若そうな娘を選んで、ホテルへ。 ホテルと言っても「休憩$10」と看板がかかっている表通りのホテルじゃなくっ て、「これは、日本人にはちょっときついんじゃないの?」ってホテルへ(この 辺、私はバリ島で慣れていますから) 部屋もせまく、ベットもいい感じで汚かったです。

シャワーはなく、トイレ兼用の部屋で手桶の水であそこを洗うのみ(この辺もバ リ島で慣れていますから)

サービスは、生F,乳首なめ、騎乗位、正常位と通常の流れでした。 ただ、お姉ちゃんは中華系らしく、英語もインドネシア語もマレーシア語もまっ たくだめでした。

帰国のフライトは夕方なので、荷物をホテルにおいて観光をしたのち、2時過ぎ にまたホテルに帰るべく、ロロン18を歩いていたら、またあのマッサージ店 (番号のある正規のお店)のおじさんから呼び込みが・・・

ちょっと心が揺れましたが、残金の事を考えやめときました。

ってことで、今回は思いがけない初ゲイランでしたが、まあやることはバリ島で も同じだし、

料金的&女の子の年齢的にバリ島の方が上かな?ってことでした。 (あ、バリ島はおばさんばっかとかいう、投稿がありましたが、それはお店の選 択が間違っています。それと、金額も間違っていますから)

それにしても、朝から夜まで、ゲイランは精力的ですね。