地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1592回  それでもゲイランでした by カキ

カキです。昨年9月に続いて二回目のシンガポール訪問です。

皆さんのおっしゃるとおり、最近のゲイランはポリスが厳しいようです。

中国小姐の立ちんぼはほんの数人、そこそこレベルは高いのですが、何せ数が少ないので以前より好みの女(長身色白スリム豊乳)が少ないのは致し方ないかも。

インドネシアはもともとお客の付きが悪かったせいか壊滅、まったくおらず。ポリスカーの巡 回、紺色の征服が歩いているのも目撃しました。

ところで、あれから色々勉強しまして、たちんぼは、買ったほうもとりあえず手錠、逮捕、連行、そして初回3000ドルの罰金、二回目以降は罰金倍倍ゲームとタクシーの運転手から聞きました。

本当かしらん、ご存知のかたがいたら教えてください。

そこでホールハウス。ロロン18から20にかけて、流して歩きます。タイが好きな人はもっと安いところがたくさんあり、金魚鉢で選べますが、中国好きなら雄琴の夜、お琴。

同じ呼び名で二つ並ぶ店は、中華小姐専門で、1時間150。

夜の歩き方、のとおり、待合でテレビを見ながら、女の子の顔見世を待ちます。

一人ずつ、暖簾を空けて顔見世。パス、パス、パス、好みが現れるまでひたすらパス。

「残念、好みと違う、惜しい、単にNO、一番初めの娘(連れに付いた)のが一番よかったやないか、どうしてくれんねん、その娘ぐらいいい娘を紹介してくれない なら、その辺でビール飲んでたほうがまし」、とか色々言いまくって、最終的に他店に出張中の良い子を呼び寄せ。

このパターンで二日、やりまくりました。二人とも本当に若くて可愛い、21か22。

無邪気、元気でいい匂いのする色白スリム、ボンキュッツ娘。

ひさしぶりに反り返る夜夜で

ございました。 みなさん、遠慮はいらねえ、好みが出てくるまでひたすらNOよ。

なお、中国娘は日本の歌のカラオケ大好き。

日本の歌をうたってあげると仲良くなれるといったこともあります。