地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1554回 清涼里の現在 by世界にはばたけ

色々 海外で遊んでいるのですが、いつも参考にするばかりなので、 今回は初めて投稿します。

3/27-3/29とソウルに行ってきました。

いつものようにこのホームページを参考にさせて頂き、

河南・永登浦・清涼里が候補にあがりましたが、 やはり清涼里が気になり、偵察がてら地下鉄で行ってみました。

ロッテデパートを背中に左手側と言うのは調べていたので、その通り 左側に入っていきました。

左の少しロッテデパート側(背中?奥?)に1-2本入ったところが メイン通りといった感じでしょうか、1回目は15時頃に行ったので

女の子は少なかったですが、細身の可愛らしい子がいたので突入しました。

うわさ通り、まず7万ウォン(5600円)を払うと女の子は居なくなり、手洗いの桶を持って帰ってきて 息子をジャブジャブその後、ウエットティッシュでフキフキされ、

乳首なめから玉なめ等を生でした後 コンドームを付けて騎上位で挿入。その後は色々で正上位で終了。

2回目もどこに行こうかと悩んで韓国人の友達に聞くと、河南の按摩を薦められましたが、

1回目の女の子に20時を回ると女の子の数が増えると聞いていたので 女の子を見るだけと翌日23時過ぎに再度 清涼里に突撃。

店は確かに閉まっているとこもありましたが、半分?2/3は開いていると感じました。

女の子は断然多く、結局 2回目も清涼里で済ます事となりました。

システムは基本的に同じで、手桶がなかったことくらいが違うところでした。

感じたことは、沖縄やアムステルダムと同じ雰囲気を感じました。以上です。