地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1520回 円高還元ツアー(香港・マカオ・珠海) by せい

円高で苦しむ企業が多い中、ツーリストにとってはこの上ない円高。この機を逃す手はないと思い、急遽予定を立てました。

シンガポールにしようと思ったところチケット取れずorz韓国は取り締まりを厳しくし、おねーちゃんが海外に流出中・・・チケットも何とか取れ、渡航経験のある香港・マカオに行くことにしました。

別サイトで知り合ったKさん、Mさんと現地で合流する予定。

27日

関西空港の午後便UOで出国、19時過ぎに香港空港に到着。時間的に迷いましたが両替レートを知りたいのでA21のバスで重慶マンションへ。ちなみに低レートで悪名高い空港は780台!!!

これでも一年前なら重慶の最高レートより良い。20時半頃重慶マンションに到着。さすがに土曜日で夜も遅いため、奥のお店はほぼ閉店状態。入り口付近から3,4件目までくらいしか空いてませんでした;;それでも最高レートは835!!!

「お魚」買ってもお釣りが来る^^日本経済発展に貢献してこられた先人に感謝です。ここで両替し、信徳中心へ。成功旅行社で十八サウナのクーポンを買いマカオへ。

ちなみにクーポンは何処でも良かったのですが、女の子の顔見せは圧巻なので無難に^^;値段はキャッシュで1627ドル。後述しますがセナドと東方がセットになったクーポンはお得です(2998ドル)。

マカオ入りが23時、ホテル到着が23時半。「お魚」を見学しにリスボアへ。ちなみにこの日は見学のみ。カジノで「1回遊魚」程度稼いで、賢く寝ましたww「お魚」さんは20人以上です。

値段は800ドル。個人の好みがあるのでレベル云々言うのは難しいですが、この時点では私は「良い」と思いました。普通の「お魚」さん達は黙って歩いて、すれ違いざまに「チーマ?」と言うだけですが、一人元気な子が・・・・・「お~~ぃ、じゃぱにぃずぅ~~、チ○チ○まっさぁ~じぃ~」。

誰が教えたのか、自分で覚えたのか^^;「お魚」の中では小柄ですが、可愛らしい子です。

28日

正午にKさん、Mさんと合流。珠海に向かいます。日曜日で時間的に現地人の越境も多く、イミグレ通過には結構時間がかかりました。昼食後、南洋海景サウナに行きました。最初は普通のサウナに案内されそうになりましたが、すぐにこちらの意図を理解し個室へ。

3人ハラバラになったので少し心細かったですが、しばらくすると服務員が女の子を一人連れてきて「この子でいいか?」とのこと。チェンジは出来ると思いますが、不満のない子だったのでOK。

22歳湖北省出身。身長は高め、色白、胸大きめです。ここで働き始めて4ヶ月。サービスはマカオのサウナと変わりません。浴室にあるベットで全身を体で洗ってもらい、ベットではアイス&ホットと本番です。お値段は400元!!安すぎます。コストパフォーマンス高すぎです!!!

ちなみに個室は30以上あり、おねえちゃんは更に多いらしいです。 その後、二人と合流し、「鶏」を見に蓮花路へ。時間は16時で「早いかなぁ・・・」と言い合っていたんですが、しばらくすると名前と電話番号を書いた名刺を渡しに来る子が現れて、「ほうほう、これがね^^」。

スタンドで青島を飲みながら観察していましたが、歩いているときよりスタンドで飲んでいる時の方が寄ってきますw 値段は200元/h。個人的な好みですが4人寄ってきた内2人は文句なく美人です。残り2人も美人の部類に入るレベルです。これほどレベルが高いとは思っていませんでした。

残りの二人もほぼ同じ感想だったので、第三者が見ても「可愛くない」とは思わないと思います^^ ただそれ以上に良かったのがスタンドの店番の子です。20歳で広東省出身。小柄ですが童顔で巨乳。

Mさんの好みに「ど真ん中」だったらしく、私的にも明るくて、話していても面白く(小生、中国語ができます)、とても良い子です。でも「鶏」ではないです。この売店の子達も当然「鶏」の存在は知っていて、「そのおねえさんはいいよw」とか教えてくれました。

「君は?」と聞きたかったのですが、怒らせて楽しく盛り上がっている雰囲気を潰したくなかったので、鶏見学を終わりにしてマカオに戻りました。

現在、華南の企業に対して当局からこの手の遊びを控えるように通達が出ているらしく、近々当局の手入れの噂もあります。中国本土では売春は違法行為、しかも日本のような甘ちょろい処分では済みません。

旧正月の連休明けくらいまでは控えられた方が良いかも知れません。私もこの情報を知ったのはマカオに帰ってからでしたが、事前に知っていれば珠海には行かなかったでしょう。

その後、3人でカジノや「お魚」見学で時間を潰し、夕食後Kさんは翌日帰国で、もう少しカジノを楽しみたいとのことからお別れ。Mさんと十八サウナに。Mさんは前日も来られていたので、一度顔見せを見たあと、お気にを探しにダーリンへ。

私は女の子を指名。23歳広西チワン族自治区出身。色白、身長高めで「東北か」と思ったのだが、全然違ったww番号は283ですが、よく変わるらしいので当てには出来ないです^^;

ここは「時短」の悪い噂があったのですが、この子は時間いっぱいまで会話を楽しみました。ここで働いて8ヶ月。収入は完全歩合制で500ドル/人。

「多いときは5,6人、少ないときは0だよw」と明るい子です。勤務時間は17時から翌3時。勤務は毎日で生理の時は5日ほど休みだそうです。

さて、この日の宿ですが・・・冨城賓館に泊まっています。言わずと知れた「女の子」系。ロビーには女の子が10~15人座っています。レベルはピンキリ。値段は200ドル。フェラは+100ドルです。

日本人と分かると400ドルと吹っかけてきます。ただ、私は泊まり客で「貧乏人」と思われていたらしく、かる~く「ハロー、ハロー」と声をかけられただけで、手や服を引っ張られたりすることはありませんでした。私も「ここで買っちゃうと、あと収拾がつかないな・・・」という不安があったのでおとなしく寝ました。

29日

今日もMさんと合流。カジノやナンバーズ(みたいなの)を楽しんで、「お魚」見学のあとMさんのお気にを探しにダーリンへ。でも今日も不在・・・がっかりしながらサナドサウナに移動。Mさんが「サナド+東方」のクーポンを持っていたのと、私もサナドに興味があったのでご同行しました。

ここの顔見せはマネージャに言うと女の子を30人弱、ずらっと前に並べてくれるシステムです。Mさんは「ここの」お気にを指名してプレイへ。私は免費(サウナ代のみ)で楽しめるものを楽しんでいました。美女プール(浴槽で肩もみ)、ショータイム(乳首舐めや手コキ)、でMさんが帰ってきてから食事。

これだけで298ドルですwwちなみにMさんのクーポン内容はサナド分しか分かりませんが、1サウナ代、2女の子代、3上海マッサージ、4女の子による垢擦りor体洗い、5足か太股か頭のマッサージか耳かきです。

これに東方のクーポンと往復のフェリー代が入ります。はっきり言って「安い」です。普通のサナドのクーポンですと1+2+3+フェリー代で、1400ドルくらいだったと思います。ただしここにはお店の意図も見え隠れしているようです。

翌日 Mさんから聞いた話では「4」のサービス中に女の子からお誘いがあるそうです。つまり上手く2人目を指名させて+アルファ(たしか798ドル)を頂こうという感じです。うーん商売上手だ・・・

私はその後リスボアへ「お魚」探しに。扉を開けて入った瞬間、後ろから「ハロー、ハロー」の声。「ん・・・聞き覚えがある・・・俺に声をかけているのかな・・・」。

その思いは確信に。「お~~ぃ、じゃぱにぃ~ずぅ~、お~~ぃ」wwwww。警備員は日本語が理解できないからなのか、こんな大声でも特に注意されるわけでもなく^^;う~ん、いい子なんだけどな・・・珠海の費用対効果を知ってしまうと「お魚」ちゃんに手を出しづらくなります。

で、少し会話。楽しませてくれたら800ドル払っても良いかなと思い(以下中国語で)、「どうして私が日本人だと思ったの?」「違うの?台湾人か!!!」、「当ててみw。1アメリカ人、2韓国人、3台湾人、4日本人、5シンガポール人、6宇宙人」。

「宇宙人」てところで回りのお魚ちゃんや見物人からも笑いが出たし、他のお魚ちゃんも真剣に考えているw。「日本語話してなかったか?」「あれ日本語だったのか?ハングルだろ。」「奇麗な標準語だぞ・・・台湾でないの。」、「6ではない、6では」・・・結局出た答えは「台湾人」。「ブゥーーーーーーー!また明日だ。再見!」と言ってリスボアをあとにした。

その後冨麗賓館へ。だがおねえちゃんは6人ほど。ストライクゾーンもおらず、冨城に戻って寝てしまった。 あれ・・今日は0発だ^^;

30日

朝からMさんと合流。昨日結局0発だったことを笑い話にしながらリスボアへ。「あの子がいたら一戦するか」と思っていったのだが、さすがに時間が早すぎた。その子はおらず、お魚自体も3,4人。残念という気持ちと、よく朝から頑張るなという気持ちと半々w。

私は香港に戻る予定の時間になったのと、Mさんが三度ダーリンでお気にを探す、ということになりフェリーターミナルまで一緒に行った。Mさんは親切にも帰りの切符交換所(成功旅行社)や、受け取ったチケットが16時発だったが、余っている席があれば乗せてもらえることまで教えてくれた。

ネットで知り合っただけなのにいい人だ^^ 今回はKさん、Mさんにサウナや夜総会の情報を頂いただけでなく、カジノのルールも教えて頂き非常に実りの多い旅にして頂いた。次回行くことになれば更にマカオを楽しめそうだ。

さて、香港のホテルでチェックインを済ませたあと16時頃「141」に。有名なチムサアチョイのマンションだ。前回はチャイムを鳴らすのになかなか勇気が出なかったが、今回は慣れたもの。片っ端から鳴らしたり、他の人が鳴らしたところをのぞき見しに行ったりww1戦目は25歳、重慶出身。

新女の張り紙をしていたが聞いてみると香港に出てきて2年とのこと。小柄でスリムな子だ。本番だけなら400ドル。+100でマッサージ付き。疲れていたのでマッサージも頼んだが、マッサージの腕はたいしたことはなかった・・・

夕食をとったあと、二戦目へ。141の場合、彼女たちのいるマンションを見つけられるかも大きな課題になる。モンコックに移動してマンションを探したのだが・・・みつからん><仕方なしに再度チムサアチョイへ。

「最後は自分より長身のモデル系を」と思い、一戦目の時に候補に入れていた子に。年を聞くのを忘れたが、杭州出身だ。この子の値段も400ドル、+100でマッサージ付き。悩んだがマッサージ付きにした。扉の張り紙に「マッサージテク良し」と書いてあったので(当てにならないんだけど)^^;でも結果は正解。

この子のマッサージは上手かった。じっくり頭から足先までほぐしてもらい、本番で終了。私が部屋を出たときに外で待っている男がいて、すぐに入っていった。結構人気嬢なのかも知れない。 しかし・・・最初に16時に訪問したときも思ったが・・・訪れる男の多いこと多いことww。

「男が鶏や回遊魚みたいだな。俺もその一人だけどww」と。夜に訪れたときは更に多かった。ネクタイ姿もあったので仕事帰りに遊びに来ている人もいるのだろう。日本語も聞こえていたので同胞もおおくいるようだ。 ちなみに彼女たちがいる部屋はビジネスホテルを一回り狭くした感じ。

ベットがあり浴槽がない浴室がある。その部屋を住居にしている子もいれば、単に仕事場にしているだけの子もいる。またフロアによっては善良な一般家庭の部屋もあり、その家の前には「普通の家なのでチャイムを鳴らさないで!」と張り紙がしてある。

ホテルまでの地下鉄の中で頭の中で考えた。中国には4つの直轄市と20以上の省・自治区がある。現在、上海・重慶の直轄市と吉林・折(さんずいがつきます)江・湖北・湖南・四川・広西とお相手頂いた。全部制覇できないかなw

31日

帰国だ。さすがに遊んでいる時間はない。次ぎに来る予定もないし、前述した「野望」はシンガポールなどでも進めることが出来るだろう。1月からはサーチャージも下がるし、円高の今の時期を逃す手はないのだ。世界的な不況でマカオのサウナも一時値上げしたが、また以前の水準に下げているところが多い。

お魚ちゃんの値段も客足次第では下がるかも知れないな。

飛行機の中でいろいろ考えているとき、偶然胸ポケットに手が当たった。

「なんだ・・・この膨らみは・・・げぇ~!!!!!俺こんなに香港ドル換金してへんやん!!!」

日本で両替するのは馬鹿馬鹿しいので、また行くことになりそうです^^;