地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1497回 中国四川省の情報 by あっちゃん

2008年10月に中国四川省に行ってきました。その時の状況をレポートします。

成都からバスで30分、広漢という場所に行ったときの話です。

どこかに遊べる場所はないかと、タクシー運転手に尋ねるが どの運ちゃんも首を横に振るばかり。

雨も降ってきて、こりゃ空振りかなと思い成都に戻ろうかと思いつつも、 最後のチャンスにかけてみようと、若い運ちゃんに「女の子のいるお店に 連れて行ってくれ」と声をかけたところ、ようやくOK。

車の中で値段を聞くと400元からだという。

10キロほども走ったところで、とある建物の敷地内に。

中に入るとお姉さんたちが15人ほど並んでいて、その中から選ぶシステム。

値段をもう一度確認すると部屋代込みで500元だと言う。

ちょっと高いかなと思ったけどまあまあ選べる女の子がいたし、 成都帰ったとしても、遊ぶ場所がよく分からなかったので、とりあえず指名。

部屋がすごく大きくて立派だったのに驚いたけど、 シャワーのお湯は出ませんでした。

内容はリップサービスと本番という、置屋の定番みたいなものでしたが、 女の子はかわいい系で感じも良かったし、、サービスもそこそこで満足しました。

別れ際に携帯番号を渡され、また来るときがあったら電話してねと言われました。

写真を撮らせてと言えば撮らせてくれそうだったのですが、

その時は頼むのを忘れてしまったのがとても残念です。

中国で遊んだ経験があまりなく、苦戦しましたが、 一定の成果も得ることができて良かったです。

今度は中国のまた違う都市のレポートをしたいと思います。

それでは。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS