地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1487回 ソウル 長漢坪の現状報告 by てう

先輩方の貴重な情報を握り締め、ソウルに行ってまいりました。 短期間だったので、588と長漢坪しか行けませんでしたが、長漢坪については情報を提供すべきと思い、投稿いたします。

皆様の情報から、588やミアリとは違い、 長漢坪駅近くの長安洞の「按摩施術所」はCPがよさそうだったので、 期待に胸膨らませて、その中心にあるという慶南ホテルの前に、タクシーで乗り付けて、さっそく周辺を徘徊したのですが、皆様の情報にあるような、それらしき看板や店がありません。

数件、ハングルで「按摩」と書かれたそれらしいものはあったのですが、照明が消えていたり、閉まっていたり・・・で、ほぼ壊滅状態でした。(ラブホはたくさんありました)

1件だけ大通り沿いに「按摩」の文字のあった店が開いていたので、入ってみました。 フルコースで15万Wとのことでしたが、顔見せできない(チェンジはOK)ということと、何より、他の客の気配がなく、寂しい感じだったので、出てきました。

あきらめて、帰りかけていた時、慶南ホテルの前で、ホスト系の若い兄ちゃんに声をかけられました。 なんでも、この長安洞周辺はポリスが回っていて今は皆、休業状態だとのこと。 (確かに歩いているときにパトカーと数回すれ違いました)

で、自分が車でポリスのいない場所で営業している自分の店に連れて行ってあげる、とのこと。 時間は1時間、内容はマッサージから本番まで、フルコースで15万W(チェンジOK)とのこと。

怪しい気がしましたが、反面、真面目そうな若者という感じもしたし、他にどこに行く術もないことから、覚悟を決めて、車に乗っていくことにしました。

革張りシートの高級車に乗って10分ぐらい行ったところの雑居ビルの中に彼の言う店がありました。 まず1階で栄養ドリンクをもらいながら、店の主人と思われる人に15万W渡すと、そのビルの確か2階に案内されました。

そこには簡単なカウンターがあり、奥には日本のファッションマッサージのような個室がいくつか並んでいました。 さっそく、そのひとつに案内されました。 アガシは小柄で悪くなかったのですが、いまいち好みではなかったので、チェンジを頼むと、すぐに代えてくれました。

次の部屋に行くと、小柄ながら胸が大きく、かわいくもキレイなアガシでしたので、OKしました。 そこは、まさに彼女の部屋になっており(彼女曰く、24時間ここで暮らしているとのこと)、かわいく飾りつけされていました。

彼女の歳は聞きませんでしたが、たぶん20代前半、日本語が少しできるので(独学だそう)、コミュニケーションは問題ありませんでした。

まずは、うつぶせになって、熱いバスタオルをかけてもらい、簡単なマッサージ。 その後、シャワールームに行き、足を洗ってもらい、その後、体を洗ってもらいます。

そして、ベッドで、全身キスの後、ゴムフェラ、そして本番となりました。 キスや胸なめはNGでしたが、肌が大変キレイで、胸が大きく(ただ、たぶん整形)、彼女の体を十分堪能させてもらいました。

そして、ちょっと私がいくのが長かったためか、彼女が疲れてしまい、その後、しばらく時間まで添い寝してくれたのが、なかなかよかったです。

彼女によると、先ほどのホスト系の兄ちゃんの話と同じく、以前は長漢坪駅近くの長安洞にはキレイな「按摩施術所」があったが、現在の警察署長になってから厳しくなり、すべて閉店となってしまい、この店もそこから逃れてきて営業するようになったとのこと。

長安洞の方が店がキレイで広くて良かった(ココは寒い、とのこと)そうですが、以前を知らない私にはココも十分に思えました。

終わってから、チップ要求もなく、ボラれることもなく、結果的にはいたって良心的なお店でした。(店を出る時、店の人から「アガシのサービスは良かったか?」と聞かれたほど) ウォン激安の折、トータル約1万円でしたので、かなり満足といってよいと思います。

お店の最寄の地下鉄駅は、7号線の四佳亭ですが、そこからの道順がうまく案内できませんし、看板もありませんので、皆様も長安洞の慶南ホテル周辺で物欲しげに徘徊されてはいかがでしょうか? 

この店とは限りませんが、同じように以前、長安洞で「按摩施術所」をやっていたお店の人から、声をかけられるかもしれません。

ただし、車に乗って移動しますので、必ずしも安全とは言いがたいかもしれませんので、そこはあくまでも自己責任でお願いいたします。