地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1482回 夢の国出張報告書2008 一利一害 (初日,2日目) by gc8_sti4

≪前書き≫

日本の大型連休に行く泰パタヤ。 バンコクでのリベンジ項目があるにもかかわらずどうしてもパタヤに行きたい。 でもFちゃんやNEWちゃんに会うためではない。 新たな姫との出会いを求めて行くのだ。

というか今まで行ったことのないGO GOを巡ったり、soi6やバービア飲み歩きをしようと思ったからだ。 パタヤを制覇したいのである。 だから2人にはナイショの訪泰。

今回はどんな楽しい体験が出来るのか出発前から楽しみでしょうがない。 でも日本人が好む容姿を持った娘なんて割合的に少数しかいないはず。 買い手余たになるんじゃないかと心配したけど行くことを決定した。

あまり日本人の行かないようなお店でも探せばどこかにいい娘がいると信じて。 自分でもわかっているけど今回の体験記は前回にも増して自己中な内容になっている。 今回の体験ってのはハッキリ言って簡単に出来るものではないと思う。

でもこういう体験も出来るんだ!ということを知ってもらえたらと思って投稿することにした。 さぁ今年2度目の夢の国へ出発!

≪2008年8月 訪泰1日目≫

夕方に夢の国へ到着。 知人と空港で待ち合わせてからタクシーでパタヤへ直行した。 最初に行くところは決めている。 1月の訪泰で最後に行ったマッサージ店だ。

その時に対応してくれた娘がいたらナンパしてやろうって魂胆である。 ホテルについてシャワーだけ浴びてマッサージ店へ向かった。 店に着いて見渡したけどお目当ての娘が見当たらない。

「30番はいる?」って聞くと「いない」と。

「今日は休みか?」って聞くと「いない」と。

「辞めたのか?」って聞いて初めて「もういない」と。

最初から辞めたって言えよこのババァって思ったが…。 私がするから入れ入れって数人寄ってきたけど丁重にお断りして店をあとにした。

さて、どうしよう。 あてもなくソンテウに乗ったら激しいスコールに見舞われた。 しかし雨に遭遇したのはこの1回だけで後はほぼ晴天。

とりあえず腹が減ってるので知人に連絡を入れ一緒にタイスキを食ベにいった。 ご飯を食べながらナイトライフの話しで盛り上がり定番のGOGOに行ってみようってことになった。

最初に入ったのがスーパーベイビー。 やはりここは見ておかないと。 1月に比べてレベルはよくなってる!のではないかと思った。

見覚えのある娘も何人かいる。 ほんと見た目で選ぶならこの店で間違いないだろう。 それを知ってかお盆休みのせいかはわからないがお客は1月にも増してコンイープンばっかり。 とりあえず現状のレベルを見るために入店したので確認だけして退店。

次にスーパーガールへ行ってみた。 冬にいた小柄でかわいい娘はいなかった。 いろいろと他を物色するものの目の止まるような娘はいない。

やっぱりレベル落ちてるんかぁ? でも完全な猿系ではない。 日本でいうとほんまにフツーのホステスレベルって思ってもらっていいかも。

次はHAPPY。 当然?のように奥のテーブルへ通された。 猿、ゴリラも多いがそれなりにキレイな娘もいる。

コーラ攻撃もあんま激しくないからゆったり飲めるかな。 ここもレベル確認のためには入っておかないと。

有名どころ3店回ってからsoi6に行ってみようってことになった。 今まで通ったことはあっても昼間のみ。 夜のsoi6は初体験♪

歩けば歩くほど声かけられるわ腕を引っ張られるわで大変。 両入口付近のお店と真中あたりのお店にはそれなりにかわいい感じの娘がいた。 2往復したにもかかわらず決めきれないw

知人はIDカード持ってるんか?ってくらい若い娘をお持ち帰り。 ビーチロードから入って最初の方にある北側のお店。 まだ時間も早かったので俺はとりあえずWSへ戻ることにした。 目的の一つでもある行ったことのないGO GO巡りをするためだ。

ビーチロードへ出てソンテウに乗り込みWSへ向かった。 乗りこんで1分くらいしただろうか。 クラクションが鳴らされたのでそっちへ振り向いた。

右後ろに黒いホンダジャズがピッタリとつけていてそれがクラクションを鳴らしたみたい。 ん?って車を見ると左後ろの窓が開き始めた。

すると。。。。。( ̄  ̄;)

「○▲@∵□×▽Э◎◇Ю△щ■○×…」ってこっちを見て怒りながら話してくる娘がいる。

何を言っているのか全くわからない。 でも誰なのかはハッキリわかる。 Fちゃんだ!

Fちゃんに内緒で来てるので一瞬人違いのフリをしかけた。 お互い違う車だしこのまま人違いで通そうかと思って。

でもハッキリと見られてるし知らん振りしてこの先モメるのもヤなので驚いた様子を見せながら手を振った。 ほんまに驚いたことに変わりないけど違う意味の驚きだ。 ジャズはそのまま走り去って行った。

どうしようかマジで悩んだ。 このまま逢いに行かずに他で遊びまわろうか、それともFちゃんに逢いに行こうか。 ソンテウがWSに近づいたくらいで決断した。

やっぱりFちゃんに逢いに行こう! 見つかったものは仕方ない。 この5日間の中で全く見つからない日があればFちゃんに連絡取るつもりやったし。

それが初日になったんやと思えばええ。 言い訳を考ながらゆっくり歩いてFちゃんを探したけど見当たらない。 今日は出歩いてないみたい。

連絡先は知ってるけどホテルに置いた日本の携帯にしか入ってない。 とりあえずFちゃんの友達が働いているバービアに行き呼び出してもらうことにした。 お店に入って見覚えのある娘を呼び寄せるとなんか見たことあるって感じで俺を知ってる様子。

すぐさま「Fちゃんの電話番号がわからなくなったから呼んでくれる?俺は○○って言うねん」ってお願いした。 すると何か気付いた様子で電話を始めた。 電話してくれてから5分くらい待ったやろか。

Fちゃんが現れた。 やっぱりいつ見てもキレイだ。 ニコッと微笑みながら俺の横に座ったまではよかった。 やはり笑顔の奥に怒りを隠していたようで。。。

大魔神のように怒った顔に変身し、泰にまで来てなんでこんな目にあわなきゃ…って時が始まった。 でも怒った顔も意外とかわいいw それはいいとして、どうしてココにいる、なんで来る前に連絡してこない、何しに来た、何故黙って来た、何故すぐに連絡してこないって攻撃?口撃?された。

というか子供が怒られているかの如く縮こまった俺に怒りまくりのFちゃん。 30分程続いただろうか。 アレはこうだ、ソレはこうだ、コレはああだとなんとかFちゃんを宥め賺して一件落着。

嫁に浮気がバレたのを宥め賺すってのはこんな感じなんだろうなと感じたw それはどうでもいいとしてこんなべっぴんをおいて他で遊ぼうって企んだ俺に天罰が下ったのか? いや、外道のはしくれとして間違ったことはしてないはずだ!

そのままバービアで半年振りの再会を祝してたらもう深夜。 ほろ酔いにもなってきたところで店をあとにしビーチロードへ向かって歩きだした。 途中3回も女の娘とLBに話しかけられキャーキャー言ってる。

「何言うてるん?」ってFちゃんに聞くと。。。 「あなたが写真の彼ね。さっきWS歩いてるの見たよ」って。

なんでこの娘達は俺を知ってる? Fちゃんに聞いてみた。

俺 「なんで俺を知ってるん?」

Fちゃん 「私が持ってる写真を見てるから」

俺 「写真?」

Fちゃん 「12月に撮ったでしょ?」

俺 「それを見せたん?」

Fちゃん 「そう、私の彼って。友達だからいいでしょ?」

俺 「。。。。。別にかまわんけど」

ん? 彼? いつから彼になったんや? 俺たちは付き合ってるんか? はぁ?(・・?) いつの間にか彼氏になってる。。。 悪い気はせんけどなんか複雑な気分。 そうこうしてるうちにビーチロードまでたどり着いた。

Fちゃん 「どうするの?」

俺 「今日は朝早かったし疲れたからもうホテルに帰ろう」

Fちゃん 「もう帰るの? だったらうちに行こうよ」

俺 「うち? Fちゃんの?」

Fちゃん 「うん、私のうち。うちに泊まればいいよ」

俺 「う~ん。やめとく」

Fちゃん 「どうして?私のうちはいや?」

俺 「いやじゃないけど、まだ荷物もバラシてないし」

少しのやり取りはあったもののなん とかいい聞かしてホテルへ戻った。 その後はいつものように。。。

≪2008年8月 訪泰2日目≫

昼前に目が覚めた。 Fちゃんの胸元に顔を埋めた状態で抱きかかえられていた。 Fちゃんは起きていて、俺が起きると「おはよう。ゆっくり寝れた?」と話しかけてくれた。

どうやらぐっすり寝ている俺を抱きかかえていたようである。 かわいいやん♪ 寝てる時でさえ胸元を狙ってるのが俺らしくていいw

そのまま朝から…と思ったりしたけどいちゃいちゃするだけでなんとなくやめた。 お昼頃ようやく体を起こしシャワーを浴びてから一緒にbig Cでご飯。 そのままbig CをうろちょろしてからFちゃんご用達のマッサージ店でフットマッサージ。

そしてコーヒーを飲んでゆっくりしてから帰した。 このまま一緒に過ごしてもいいのだが今回の目的は新規開拓である。

「今日はダメなの?」「なんで?」「逢いに来てくれたんじゃないの?」とダダをこねるのを2日後には必ず逢えるからと言い聞かした。

2日後にしたのは時間をかけて新たな姫探しをするためだ。 そこでいい娘が見つかれば4日目の丸一日を開けることによって最終日に濃厚な時間をその娘と過ごせるはず。 見つからなければFちゃんと4日目から最終日まで一緒に過ごせばいいだろうという魂胆である。

ホテル近くのビーチで鋭気を養うことにしたのはいいけどもう夕方。 ビーチでビアシンを頼んだと同時に知人へ連絡をいれ落ち合うことにし情報交換となった。 そのまま軽く食事を取るために屋台街へ移動。

そこでどうしようかと相談しsoi7~8のバービアをうろちょろすることにした。 今日はどうしてもWSを避けたかった。 もしFちゃんや友達にでも見つかったりしたら…。

とりあえず7,8とひと通り歩いてから目ぼしをつけていたsoi7のバービアへ行くことにした。 めっちゃ若くてかわいらしい感じの娘がいたけどLBやろ~って話してたお店だ。 南側にあり、同じカウンターが数件並んでいる一番ビーチロード側のお店。

戻ってその娘のお店のテーブルに向かいながらその娘を呼び寄せた。 近く寄ってくる途中で確信した。 やっぱLBや…。

しかもパタヤに来て間もないらしくタイ語しか話せない。 少しばかりゲームをしてからお店を後にした。 仕草等はほんまにかわいらしいけどLBゆえに今夜の相手にする気になれない。

どうしようか話してsoi4からスタートして北上しながらバービアを見てみようということになった。 ソンテウ上でもバービア嬢をチェックしながら北上しsoi4に到着。 そこから歩いてチェックしてもコレといった娘がいなかったので近くにあるMPを見てみることにした。

最初に入ったのがサバイルーム。 見た目に関してはう~ん、こんなもんやんな~って感じ。 愛想よくてタル~ンもいるのだろうが…。 俺達には選べないので退店。

次はサバイランド。 店が小さいせいか姫の数も少ない。 見た目に関してもやっぱりこんなもんやんな~って感じ。 ここも愛想よくてタル~ンもいるのかもしれないが…。

次にサバイディー。 雛壇の半分くらはいただろうか。 愛想良く手を振って微笑んでくる娘もいる。 やはり一番大きいだけあって見た目ではこの店が一番かも? でも俺にはいい経験がない。 知人もいまいちやったので店をあとにした。

3つの他に今まで行ってないお店も見てみようってことになった。 いろんなサイトでなかなかいいとの話を聞くPPマッサージへ。 しかし移動途中に知人の体調が悪くなった。

PPに到着して休んだら戻るかと思ったがいまいち戻らないのでソウテウチャーターでホテルへご帰還。 せっかくの訪泰で残念な結果ではあるが次の日には体調も戻ったらしく一安心である。 たぶん水あたりかと思われたので自分も用心しなくては。 で、このPPでは見た目にいい感じなのが一人いた。

でも周りが猿ばっかなのでめちゃよく見えたのかもしれない。 そう思ってジィーっと見たらギャル系にお姉系を少し入れた感じでええやん。 当然?のように番号は覚えてないというか見てない。 全体的はう~ん、こんなもんやんな~って感じ。 いいって話聞いてたけど俺にはイマイチやった。

さて、一人になってしまった。 soi Buakaowのバービアをうろちょろと物色しながらセカンドロードに出た。 とりあえず移動しようってことでソンテウに乗って北上しながらもどうしようか考え中。 soi6も過ぎ、soi4、soi3、soi2を過ぎても決めきらない。

そのままソンテウはナクルアの方へ行ってしまった。 すぐさま降りようかと思ったがスターダイスがあるのを思い出したので行ってみることにした。 スターダイスは初訪泰で懇ろになったMPの娘と一緒に行った以来だ。 そういやMP嬢でいい思いしてたこともあったな。

といってもその娘とはお店で出会ったわけやないからMPでいい思いがないのは事実かも。 この娘にほんの少しのチップはあげたもののディスコやカラオケ等で俺は払ったことなかったな。 ビーチに行ってもサウナに行っても全部払ってくれるし、移動はその娘の車に乗ってるだけでいい。 唯一払ったのはご飯くらい。

3回目の訪泰前にパパであった香港の人の所へ旅立ってしまった。 その娘の収入とパパのおかげで楽しい過ごし方が出来たってもんだ。 いい思い出だ。

そんなことを思い出しながら店内でまったりと飲んでた。 爆音なのでまったりどころではないはずやけど懐かしい感じで気持ちよかったのだ。 しかしいつまでも昔の出来事に感慨深くなっててもしょうがない。 新たな姫探しをしなければ!

いろいろ見渡すとナンパしに来た野郎どもにそれを待ってる女どもがいる。 パッと見でかわいいのがいたが他はイマイチ。 でもなんかココでは真剣に探す気になれなかった。

ココはいい思い出だけにしとこう。 相変わらずコリアンのツアーのひとつになってるみたいで騒がしい。 小一時間くらいで店をあとにした。

どうしようか考え、あちこちのバービアを回ってみることにした。 soi6から始まりsoi7,8へ行き、そしてsoi4~1と物色していた。 1月にはまだあったsoi1のバービアが全部なくなっていた。

すでに取り壊されていて物寂しい感じがした。 そしてsoi7,8からsoi6へとまた移動したもののなかなかええのがおらん。 もうどうでもよくなってきたw

完全に見た目で選んでショートでスッキリしてやろうって思ってもみた。 Fちゃん関係に見つかるのがちょっと怖かったけどWSへ行くことに。 でもメイン通りから行かずに裏道のPratamnak RD.から入って行くことに。 見た目で選ぶならやっぱりスーパーベイビーやろって。

前日にも増してコンイープンばっかでイープン祭りの如く。 入ってみたはええけどやっぱりPBする気にはなれんかった。 PBしないのになぜか毎回入店してしまう。 レベル確認のためということにしておこう。

店を後にした時にNAUGHTY GIRLSのことを思い出して入店。 1月に出会った娘はおるんやろか?と思いながら店内を見回した。 いないみたいやしどうしよっかな~って考えながらBACARDIを飲んでた。 すると「ハイ!」って肩を叩いて声をかけてきた娘がいた。

振り向くと1月に出会った娘やん。 おっ!いたんやって思い横に座らせて一緒に飲み始めた。 ジィーと見てみると半年も経っているせいか顔立ちが変わってる気がする。 ただ単に俺の好みが元に戻っただけなんかもw

まぁ、話は楽しいから少し滞在して飲んでた。 その娘がトイレへと離れた時に手持ち無沙汰になったのでメニュー表を見てみた。 すると…。

書いてある値段って普通のような気がする。 確かココってだいぶ安かったような気がするんやけど? どうやら値上げしたみたい。。。

普通というよりPB600のチップ3000って普通より高いんちゃうん。 やはり半年も経つと見た目も変わりウブさも消えてたのでこの娘に3600はちょっと高い気がしてきた。 気ではなく高い!

なので頃合いをみて今日もPBなしで退店。 他に選べるような娘は全くいないこの店にはもう行かんでええな。

見た目なら隣と目の前にあるし、価格なら他でなんぼでも探せるしなぁ。

2日目のつづきへ…

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS