地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1445回 1 年ぶりフィリピン紀行 3 by TALAGA

続いてマニラでのできごとです。

マニラでは,夜は,友人と会う機会が多かったので,なかなか夜遊びにいけませんでしたが,7月のある日,友人とスパニッシュレストランで食事後,結構,酔っていましたが,まだ時間が10時半ころだったので,思い切って久しぶりにLAをたずねてみました。

7月の連休前だったのですが,日本人は 少なくて相変わらず白人が多く座る椅子もないほどにぎわっていました。

2階は,がらがらだったので,一階のおくのビリヤードの近くになんとか座り私の前には,2人のババエ。

2人ともかわいかったですが,LAの多くのババエが化粧が濃いので,私は,化粧していない1人と話をしました。

しかしかなり酔っていたので,翌日,日中 ,私のホテルに来るということで115ペソのサンミゲルライトの代金を払って退散。

翌日,午後3時,彼女と待ち合わせて私の部屋へ。最初はいろいろと話をしました。 とてもまじめな子だったので,好感がもてました。

とてもラッキーだったです。そしていろいろと現状のLAの話を聞きました。

1.午後11時以降は,ポリスが多くとても危険

2.LAにいるほぼ半数以上がドラックをやっている

3.ほぼ95%がシングルマザー

4.以前いたママさん的存在は,現在いない

5.悪い女も多く部屋に行って男性がシャワーを浴びているときにいろいろと盗む

などなど......私が選んだ子は,とてもシャイで22歳。セブ出身。とてもまじめな子でした。

泊まって行きたいと言うことでしたが,低調にお断りして夕食をご馳走して1500ペソで帰っていただきましたが,翌日も会いたいとその後,TXTが入りました。

お金は要らないからということでなにか気に入られたようで,翌日,午後4時 ころ私のホテルに来ました。

自慢話になってしまいますが,私のことが気に入ってということで,部屋に入ってくるなりキスの嵐。

一緒にシャワーといいましたが,恥ずかしいからと断られました。

その後,またベットイン,とてもぬれぬれで「どうして????」とたずねたら私のことが気に入ったからということで,すごく感じてく れて私よりすぐに行ってしまいました。

結局,その日は泊まっていきました,

翌日は,私の帰国の日,NW便だったのでホテルを朝5時半に出発, もちろん彼女もいっしょでした。

車内でもキスされて彼女の気分.....空港についてとりあえず「いくら???」と聞きましたが,「いらないけどまたフィリピンに帰ってきて」といわれ結局5 00ペソだけ渡して別れました。

いまでも毎日TXTが入ります。

でもやはりLAは危険なところだともう行かない予定です。

そのときの彼女の写真を投稿いたします。