地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1439回 588・長漢平の現状 by ゴンタ

第1189回ベトナム編で投稿させて以来、5年ぶりに韓国・ソウルに行ってきましたので、これからソウルに行く方の参考になればと、現状をご報告させていただきます。

 初めてソウルに行ったのは2002年11月。オーパルパル(清涼里)の絶世美女達、長漢平の美人床屋の素晴らしさに魅了され、また翌年も訪韓して以来5年ぶりでした。

 このHPで法律改正以来、オーパルパル(以下588)は終わっており、長漢平は名物であったクルクルポール(魅惑のツインサインポール)は消滅しているとのことでしたので、龍山、永登浦、ポムウォンリ等も考えましたが、宿泊ホテルが従十里(ワンシムニ)駅の近くで、チェックインもPM6:30であったので、訪韓当日は中央線で一駅とすぐの588に向いました。

 過去2回は市庁、明洞近くのホテルに宿泊していたので、地下鉄1号線の清涼里駅5番出口から地上に出たのですが、中央線はKOREIL(国鉄)の清涼里駅に到着。駅舎も駅前も再開発工事中って感じで、HPで今年には消滅?ってのが頭をよぎりましたが、ロッテデパートを過ぎ、奥を見ると薄っすらとピンクの明かりが…。 とりあえずは潰れていなようだった。

 大通りから左折して、メインストリートの裏から588に進入すると何!やはり営業している店はPM9:30なのに5~6軒に1軒って感じ…。しかも開いている店にもアガシは1~2人がほとんど!

昔はどの娘にしようか10軒も進めず悩んでいたのに、あらら、メインストリート全部見終わっちゃった。お客も疎らではあるが、チラホラ来ている。これは気に入った娘を見つけたら即決と思い、駅から見て最も右の通りで黒髪のショートカットで「冬のソナタ」ってアガシと目が合った瞬間に「オルマエヨ?」。

「チルマンウォン!」やはりこのHP情報の通りであり、5年前の6万ウォンから1万ウォン値上がりしていた。地下鉄もW600→W1000に値上がりしていたから仕方ないが…。

OKして中に入ると、やはりこの店にはこの娘しかアガシはいない感じ。7万ウォン先払いすると娘はアジュマにお金を渡しに行き、戻ってくると名物の洗面器は登場せず、ウエットティッシュで拭いて生尺。

チェ・ジウを待受設定している俺にはオッパイは小振りだが、生尺してくれたのでヨシとしましょう。でも歳は27~8って感じかな?その後ゴム装着で女性上位で発射。終わるとサッサと着替えて俺にドリンクを渡すと、まだ飲み終わっていないうちにジウ姫は次の客引きに出て行った。なんか一気に冷めてしまうのが空しい。

 翌日もホテルにも戻って疲れて寝てしまい、この時間からでは遠くは厳しいとまたPM10:00に清涼里到着。今日は金曜日だから昨日よりは営業している店が多いことを期待したがほとんど変わらず、ほぼ全店見終わるころ龍山にでも向かうかと思った時に、オッパイは大きめでやはり黒髪のショートヘアのアガシと目が合う。

顔は若いころの桜井幸子か国生さゆりってとこ。やはり7万ウォンでありOKして中に入る。ところが、この姫はいきなり服を脱げという。素っ裸になるとベッドに座れという。するとメモとボールペンを取り出し、「7万ウォン15分、ロングタイムサービス一杯!」と時計が書かれている円をなぞっている。

15分刻みに描かれており、グルっと一周させている。誰が28万ウォンも払うか!ショートで良い!というがしつこく要求してくるのに根負けし、30分にすると「キスOK!」とにっこり笑う顔はかわいい。

14万ウォンを支払い部屋に姫が戻ってきてブラ外したらヤラれた!オッパイは90㎝近いがダラーンとぶら下がり状態。ベッドに腰掛けていたら、いきなりゴムを装着され、いきなり入れさせるのかと思いきやゴムフェラ開始!

玉なめもしてくれたが、そのままキスされちょっと複雑…。その後ベッドに横たわり上になれという。せっかくだからオッパイ舐め回しモミまくるが、手を離すと外側に垂れるオッパイ。

オ○ンコに指入れしようとするが拒否。15分経過したところでチンチン握られてて勝手に挿入されたが、こうなったら時間オーバーしてやると正上位~屈曲位~座位~女性上位で発射。すでに35分が経過していた。

姫に聴いたところ、最近はお相手する韓国人と日本人の数が同じくらいだと言っていた。確かに日本語会話の本がベッドサイドにあった。

 翌日は長漢平へ行くが、確かに長安洞のメインストリートにはクルクルポールが全く無くなっていた。路地には数件見かけたが…。

やはりこのHPの通りでありガッカリ。で諸兄に紹介されていた慶南ホテル前のワインレッドの建物を探すが15分歩いても見当たらず、というか慶南ホテルがわからず、結局駅の方に戻ってポン引きの兄ちゃんと交渉してマッサージ15万ウォンの店に入る。

待合室で5分ほど待ち、兄ちゃんと一緒にEVで3Fへ。まったく日本のソープと同じで、部屋に通されるとアガシは24~5歳の小柄だがいかにも韓国人っていう気の強そうな娘。

まず風呂に入りベッドでマッサージ、再度風呂に入ったあとスケベ椅子、マットがありベッドで本番でぴったり60分。

日本で15,000円のソープよりはマッサージがある分マシか?

 以上、最近のソウル事情といっても2か所だけであるが、たぶんもう588には行かないであろう。

これなら昨秋行ったバンコクの方が価格的にもいいなあ。

燃油サーチャージさえなければ…。