地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1435回 フィリピンの田舎にて by ブコパイ

フィリピンの田舎にてあれは今年の1月です、毎度の悪友と連れ立ちマニラから南へ約45Kmに位置するラグナまで出かけました。

マニラからは、サウスルソン エクスプレスウェーに入り約1時間で最後の料金ゲートに辿り着きます。

現在は高速道路の工事真っ盛りで、道路は渋滞が予想されます。

さて、最後の料金ゲートを抜け車の矛先は温泉リゾートの点在するパンソールへ向かいます。

高速をカランバ市内へ向かい、大きなロータリーを右折しロスバニオス方面へ向かう途中にパンソールは位置します。

このパンソールにある、温泉リゾートで今回は一泊します。

さあ、マニラからは手ぶらで弁当は持参していませんので現地調達をしなくてはなりません。

この界隈には街道沿いにDISCO Barがあり、ステージでダンサーが一糸纏わぬ姿で踊ったりしています。

当然ですが、VIPルームも準備されており中でそれなりに遊ぶ事も可能です。

値段は田舎と言えども、マニラと変わりありません・・中には持ち帰り出来るところもある様です。

今回は郷に入れば郷に従えで、ローカルのストリートのオネーチャンにトライしました。

場所は、パンソールから来た方向へ戻ります。

通称クロッシングと言われる大きなロータリーへ向かいます。

此処にはフィリピンで有名なファストフードのジョリビーがあります、この周辺にて調達が可能との情報を仕入れ早速のトライです。

時は夜の8時少し前、それらしい女の子は見当たりません。

とすると怪しい男が近寄ってきて『女はいらないか?』と聞いてくるではありませんか!

幾らだ?1000ペソだ、、いや負けろ!結局700ペソ (笑)

ブガウは、ここに女は居ないから通りの薬局前で待てと言い、その場を離れました。

俺たちは言われた通り、通りの薬局の駐車場で待機、そこにトライシクルに乗った連中が到着。

この女はどうだ! 外見も程ほど、OK! その場でブガウに金を手渡します。

そして俺たちは車で再びパンソールへ戻ります。

値段は専らショートの値段で止りじゃありません、その後は女の子と再び交渉です。

じゃ、500追加で朝まで。

時にはマニラを離れ、田舎で遊ぶのも悪くないですよ!