地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1387回 バリ島のマッサージ尾根遺産 by 波男

バリ島が好きで、かれこれ15年以上、年に5回ほど通ってます。

もちろんここのサイトを見ておられる皆さんと同類で尾根遺産遊びも大好きです。しかし大歓楽街ジャカルタと比べると、バリ島のお遊びはバリエーションも少ないし、尾根遺産自体のレベルも低くて、余りにもつまらないのが実情ではないかと感じてます。

サヌールの置○は昔、 1.2回行きましたが 、もう10年以上行ってません。生活苦から仕方なくやってるという、あの悲壮感漂う空気が受け付けません。。。

実際、そういう方、多いのではないでしょうか。。ですからもっぱらカラオケの尾根遺産をナンパするか、レストランや、ショップの店員などの一般人の子、もしくはマッサージ店(オプションで手古希有り)で働く尾根遺産を店外デートに誘ったりして楽しんでます。

今回は、そのマッサージ店の尾根遺産の報告です。バリには男性向けのマッサージ店が結構あります。今回はその中でも私がよく行く店を紹介します。

場所はパンタイクタ通りから ラヤクタ通りへ出て、デンパサール方面に走ると、すぐに右手にGELAEL DEWATAという二階建てのスーパーマーケット(ケンタッキーが入ってる)があり、その隣にGSがあって、そこを右折するとすぐ左手に二軒マッサージ店があります。

余談になりますが、手前の綺麗な店は、ビップルームを利用すると完全個室ですので、手古希ではなく基盤も可能です。朝11時~夜11時までの営業で、尾根遺産は水槽に常時30名~40名いて、そこから選びます。(カーテンで区切るノーマルルームは確か8万RP、ビップルームは2タイプあり、確かシャワー付15万RPと、なし12万RP、どれも60分の通常マッサージ代込み)です。

手古希サービスは、ほっておいてもほとんどの尾根遺産からマッサージ終了間際に誘ってきます。サービス料はまちまちですが、せいぜい10万RPも払えば充分です。基盤は尾根遺産により可、不可もありますが、今までの経験で言うと打率7割で可能でした。サービス料は20~25万RPで充分です。

今回はその店ではなくて、その店の横にあるレストランの隣のマッサージ店です。ここは60分7万RPだと思いました。一階に水槽があり30~40名の尾根遺産が待機し、そこで好きな子を選び上の階へ行きます。部屋は全てアコーデオンカーテンで区切られてるので基盤はほとんど無理です。 手古希はあり、相場はどこも似たようなものです。

今回は、2月に行った際、そのマッサージ店でナンパした尾根遺産の報告です。Pちゃんという20代中盤の子を選び、お決まりの会話「名前は?出身は?独身?可愛いね、日本人は好き?」などしながら、和気あいあいの雰囲気で通常のマッサージを受け、最後の手古希サービスはやんわり断りながらも、チップを10万RP払いました 。

そして携帯のアドレスをゲットし、退店後に何度かメールのやり取りをして食事に誘いました。待ち合わせに来たPちゃんは、店で見るより、かなり可愛くてびっくり。食事の後は、Tシャツを買ってあげて、それからバーへ行きました。最後、「俺の部屋に来る?」って聞いたら、「OK!」との返事。

そして結局は頂いてしまいました。過去の経験で判断すると、インドネシアの尾根遺産はたいていH好きです。 一回では満足せずに2.3回は求められます 。

そして私の部屋はたいした豪華な部屋ではないけど、彼女達の部屋と比べたらかなりリッチな部屋なので、一回泊めると、数日間ずっと居座ることも多いです。今回も残りの滞在日数の4日間の間、彼女は店を休んで24時間一緒にいました。一日数回、昼も夜も関係なくやりまくりです。

もちろんお金は一銭も払いません。帰国日に次回の再会を一応約束し(私はもう会いたくないですが)帰りのタクシー代として10万RP払ってバイバイです。

追記。カラオケ店も10軒ほどあります。ビジターが簡単にお持ち帰り可能な店は二軒。一軒はカルティカプラザ通りのムスロというショーキャバレーに併設してるカラオケ店。

尾根遺産は30名以上いて、ルックス、スタイル共グッドな娘が多いですが、しかしここのお持ち帰りは高いです。ショートで100万RP、オールナイトだと150万~200万RPが相場です。飲み代は総額一人50万~60万RP位。

もう一軒はバイパス通りにある「グラハディ」という店。ここはローカルにも人気で、バリで一番繁盛している店。

水槽の前にいるママに、どの子がお持ち帰り可能か聞けば教えてくれる。カラオケ料、お持ち帰りの値段もムスロの2~3割安です。

自分の部屋に連れて帰れない場合は併設してるホテルで楽しむことも可能です。