地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1359回 ゲイラン失敗記… by KENLEE

みなさん、お久しぶりです。なんと2003年11月以来の投稿です。

その後は香港、台 湾、アメリカ等、いろいろ旅行はしたのですが、嫁さんの監視等もあり、今回まで海 外戦はおあずけとなっていました。

さて今回の投稿は前回と同じシンガポールはゲイ ラン。バンコクに行く途中、トランジットでシンガポールで1泊することになり、ゲ イランLorong18のHotel Fregrance Crystalを予約。

ご存知のとおり周りはタイ人の 姫がいる置屋街。チェックインすると早速出かけました。Lor18には20件くらいの置 屋があります。端から片っ端に覗いていきます。

店に入るとたいてい店のオヤジが聞 いてもないのに雛壇に座っている女の子の解説をしていきますが、あまり当てになり ません。

私が行ったのは平日にもかかわらず結構な人数が通りを歩いており、仕事中 で姫が1名もいない店もあったほどです。

ある店に入ると、「Hello! I want you!!」 と雛壇から大歓声が上がりました。

なんか「控えめ」、「笑顔」のイメージがあるタ イ人からは想像できない感じでしらけてしまいました。

さてある店で姫と目が合い、 早速指名しました。お勘定はお決まりのS$80で下がりませんでした。

姫と手をつな いで、部屋に向かいます。部屋に入ると早速シャワーです。姫はチェンライ出身の25 歳。壁には政府発行の「この場所ではコンドームの使用が義務化されています」と いった旨のポスターが貼られています。

その横には英語と中国語で「Time Limit 20Mins.」と記載があります。20分って、飛田新地じゃあるまいし!?ともって姫に 聞いてみると、「Local,20 Minutes、Foreigner 40 minutes.」とのこと。

どなたか 以前書かれていた二重価格制ですね。でも値段が倍でも時間も倍なので考えように よっては変わり無しですね。

さてシャワーを出て、ベッドに横になるとさっそく姫が 来ました。するといきなり生フェラが始まりました。

てっきりゴムだと思っていたの にうれしい誤算と思ったのもつかの間、なぜか姫は大きな声であえぎながらものすご い勢いでしゃぶります。

なんかさめてしまい、息子も半立ちのまま・・・・。

ゴムを かぶせてしゃぶられたところで不覚の発射をしてしまいました・・・。

姫も苦笑いし ています。なんか久々に気持ちよくない発射でした。

その後少々のマッサージをして もらい、開始から25分ちょっと経過したところで、怪しい中国語の書かれたジュース をもらい(甘い)終了・・・?

追い出されるように服を着せられ、階下に下りまし た。

まぁ時間が残ってもすることはないんですがね。

なんとも後味の悪いゲイラン体 験でした。

さて、明日はバンコクです。後ほどレポートします。