地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1358回 中国海口及び雲南漫遊  by カパット

海南島と雲南の状況を報告します。

まず、海南島の海口ですが、老街は、按摩は、1時間10元で安いのに驚きました。 老街内は、ちょっと不気味なところがありますが、すぐに2百元で作愛OKでした。でもこれはかなり 高かったのではないかと思いました。

因みにハンドジョブは100元でした。老街以外でも マッサージ10元のところがありました。例えば、海師大夏などです。

次に、麗江に行きました。雲南賓館という、麗江にちかい新大街というところに泊まりました。5階に部屋をとったのですが、 6階が按摩のたまり場で、すぐに下に降りてもらい、大変好都合でした。

雲南賓館は、麗江古城に近いのですが、 やや離れて、七星一路も面白いと感じました。小さい飯店が多く、そこに按摩所を併設しているところが目につきました。

七星二路の露地を入ったところには、幾人かの女性が男性を呼び込む多分床屋のようなものがありました。

次は、大理に行き、林都大飯店というところに宿泊しました。このホテルも最上階に按摩所を完備しており、飯店内の 交流は容易でした。費用は200元でした。近くに「休閑所」というのがあり、気をそそられました。はいったら、単なる 按摩中心のみでしたことを付言します。

更に、昆明にいきました。駅前の錦江大飯店に泊まったのですが、19階に按摩所があり、電話でそこから各部屋に 出張してくれました。しかし、その値段は、最初は1000元という法外な値段でした。

結局200元まで下げたのですが、 わたしの息子が言うことを得ず、マッサージ料金だけ、60元でお引き取り願いました。

夜は、昆明駅の近くに屋台が出ていますので、その近くに行けば、たちんぼか、おばさんポン引きに遭遇するはずです。 ホテルに呼ぶことは自由であり、ジョイナーズフィーのようなものはありません。200元でお願いしました。

昆明の圧巻は、昆明駅を背にして、左の永平路をまっすぐいって、運河の手前を左に曲ったところの街なみがよろしいかと思います。 ショートですが、50元で、部屋代もとりません。

興味のある方は、永平大酒店か、金獅大酒店を基地にしたらいいかと思います。

個人的評価でしかありませんがかなり美人がいます。はじめは、金獅大酒店の向かいの道路に、毛糸を編んでいるおばさんがいますので、 按摩、作愛といえば、然るべき場所に案内してくれます。

カスバみたいなところですが、昼、深夜、安全と思いました。1回案内されれば、 次は一人で行けます。朝から、夜中まで営業をしています。できることなら、何ヶ月か沈没したいと思いました。

後ろ髪をひかれる思いで、昆明から、アモイに来ました。ホテルで、お姉さんを呼ぶのもいいのですが、思明西路と大同路 の交差点周囲で、脇道あるいは露地に入れば、かなりのおネイ様が、床屋の形式で、待機されています。

値段は、100元が普通だと思います。按摩だけは、30-40元ですが、必ず作愛を求められます。3Pも強制されました。

ひとり100元 で喜んでお相手してくれます。

ただし店によるかも。3Pは、性の神聖さを破壊するような気がしますが、相手方の強制力には勝てません。

中国は公安(警察)が怖いという話を聞きますが、上記の旅行中、そのような危険は全く感じませんでした。

皆様の健闘を祈ります。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS