地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1304回 涙の意味は・・・ by NONAME

3年ぶりのマニラへ行ってきました。

まず話題のLAカフェですが、1階を見たところ16歳~22、23歳くらいの若い娘が多く、 そそられる子もいたのですが、特に交渉せずに帰ってきました。

現地のガイドによれば、LAカフェには病気持ちやワルが多く、注意が必要だそうです。 私が泊まっていたパビリオンではLAカフェの子は出入り禁止だそうです。 交渉しないで良かった!?

友人と二人でのマニラ旅行でしたが、あるクラブの子をそれぞれ持ち帰り、 部屋で4人で飲んでいました。(私が選んだ子は宮里藍似) すると、友人が選んだ子が隠れて盛んに私にウインクを送ってくるのです。

こっちも、隠れてウインクを返すとにっこりします。それが7~8回あったでしょうか、突然 自分が選んだ子が泣き始めました。もう号泣です。やばい、気づかれた! 急いで二人で布団をかぶり背中をさすりました。

ようやく落ち着き、布団から出ると、今度は友人の女の子が ふくれっ面です。私は無口な方ですが、それからは空気を変えるため、しゃべりっぱなしでした。

その子はなんと友人と私と3人で3Pしたいと言ったそうです。 いくらなんでも、それは男の道に外れるのでお断りしました。

そしてもう一つの事件が発生しました。 土曜の夜に有名なエドサコンプレックスへ行き、友人と二人それぞれお持ち帰りしました。 ホテルへ帰ると、なんとIDチェックで友人の子が引っかかってしまったのです。

結局友人はもう一回エドサコンプレックスへ戻り、選び直しという無様なことになりました。 みなさんも、女の子のIDチェックのあるホテルでは気をつけてください。

なおエドサコンプレックスでは、つい先日ポリスによる一斉取締り(コットンクラブ)があったようです。 客の入りもイマイチでややシラケ気味です。それでも私は「ファイアハウス」で超マガンダの子を お持ち帰りしましたがやっぱりビジネスライクで、ショートのためかあまり楽しめませんでした。

経験から言って、女の子の選び方についてお話ししましょう。目に力のある子は美人が多いですが ビジネスライクな子が多いです。それと肌が黒い方が情熱的で、純な子が多いようです。

つまり美人より愛らしい子、スパニッシュ系アメリカ系よりビサヤ系を選んだ方が 楽しめると思います。もちろんこれは一般論なので、参考まで。

メスティーサと言って、血の混ざっている子はスタイルも最高ですし、 日本人(東洋人)より西洋人より、女としては上でしょう。

もうひとつ、フィリピン人はプライドを大切にし、また嫉妬深いという国民性があります。 あまり金で買うという態度を見せると、それなりの結果になってしまうので 選んだ後は、レディとして扱うことが大切だと思います。

最後に、フィリピンは非常に貧しい国です。家族が1ヶ月3000ペソ~4000ペソで暮らしているらしいです。 さりげなく、お金を落としてあげるのが日本人の心意気だということをお伝えしたいと思います。