地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1294回 上海南京東路のぼったくり by 上海駐在員


上海で駐在していますが、本日ぼったくりにやられてしまいました。

ぼったくりに関してご存じの方もいらっしゃると思いますが、被害に遭わないためにも情報提供しておきたいと思い投稿しました。

場所は、南京東路626小さいなホテルの4Fにあるイースト・クラブという店です。ITOKINビルの並びです。

以前は、ZOOクラブという名前で普通のKTVだったのですが、名前を変えて豹変したようです。

手口は、偽ブランドを扱ってる田舎娘(安ホエ省出身)が、悠長な日本語、英語で話しかけて来て、偽ブランドを買わせようと客引きをします。

買わないと言うと、今度はKTVを勧めてきます。チップは100元だけで安いと言ってきます。女の子の顔を見るだけ、気に入らないなら帰ってもいいと。

月並みな客引きだったんですが、昔行ったことのあるKTVで名前だけ変わったのだろうと思い、とても暑い日だったので一杯飲むだけなら良いかという気持ちで入ってしまいました。

田舎娘に案内され店に入ると個室に通され、チャイナドレス姿の女の子が2人入ってきました。さほど、綺麗でもないのですが悠長な英語で話しかけてきます。

メニューを渡され見てみると、ビール55元、ロイヤル85元、ジントニック95元その他のも高い。私はビールを一杯だけ飲んで帰るからといったら、分かりましたといって、ビールを持ってきました。

その時、田舎娘はトイレに行ったきり帰ってきません。ボーイが次々に、スナック菓子のつまみ5個ほど、フルーツ、それに氷の入ったグラスを20個ほど持ってきました。

私は、ボーイにこれは何だ?こんなもの頼んでないよというと、店のセットだといいます。そのとき私は、しまった、やられたと思いました。

直ぐに帰るからというと、女の子がチップを先に払ってくれといってきます。100元渡そうとすると300元だと物凄い悪い態度で威嚇してきます。

そして、会計伝票を持って店長らしい男がやくざ風の男と2人で部屋に入ってきて、2,723元だからといって、手書きの内訳を指差しながら支払いを迫ります。

支払い拒否もできたのですが、最近上海周辺でも凶悪事件が多くなっていることが頭をよぎり、支払って済ますことにしました。ざっとこんな流れです。

この手のぼったくりは、南京東路で横行してるという話も後で知りました。

今後、上海に旅行をされる方は絶対に被害に遭わないようにご注意下さい。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS