地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1157回 フィリピンLAカフェ by NONAME


2006.SEP LAカフェついに摘発! 以前から摘発の噂のあったLAがついに摘発、現在クローズ状態となっています。 同店は皆様もご承知のとおり援助交際に店側はタッチしていないため売春の容疑は免れましたが、営業許可証と脱税の容疑にて閉店状態となっています。

摘発されたのが今月初旬、9・12の段階ではセキュリティーガードはまだ店の前にいますが閉店状態です。フィリピンではよくある警察による袖の下欲しさや袖の下の値上げ狙い(ミス ユニバーサル等は殆どこの手の摘発)とは違いメディア、マスコミを同行しての摘発劇だっただけに営業再開したとしても今後の店側の対応が気になります。   

1年の約半分を仕事の関係でフィリピン(マニラとセブが中心)に滞在していて皆様の投稿を楽しく拝見していますが、フィリピンの子はマグロ状態という投稿に関しては全てとはいいませんが私なりの意見としては、連れ出し料というか、置屋で言えば支払い金額に大きな関連があるのではないでしょうか。おそらくかの地では(マニラ、セブの置屋に関しては)女の子の取り分5千円(約2200ペソ) お店の取り分700-800ペソ といったところが基本ラインと思われます。

タクシードライバーに案内というか連れて行かれますとドライバーは500-700ペソ、旅行会社のガイドだと700-1500ペソ(旅行会社のガイドはコミッションを所属する現地の会社にも支払う必要がありますから本来は1500ペソ。しかし中には「会社には黙ってればいいや」てな輩がいて会社のコミッションをカットすると700-1000ペソで手を打ちます。会社側にそれがバレると会社はそのガイドを干しちゃいますからガイドにとってリスクはありますし、そういったガイドは私的には信用の面から言ってNGです)

このようなこと から、タクシードライバーに連れて行ってもらえば3500-4000ペソ、ガイドに連れて行ってもらえば4500-5000ペソが販売価格だと思っています。現地の人もみんなそれぞれ仕事なんだから仕方ないでしょう!?それを、投稿によくある3000ペソに交渉すれば、お店側とタクシードライバーやガイドはきちんと自分のコミッションは主張しますから、結局女の子に、お店側が「今回のあんたの取り分は700ペソしかないけどどーする?」てな話になるわけです。

これじゃマグロにもなりたくなるって思いませんか?3000ペソで遊ぶためには、少なくとも英語で会話ができて、1度タクシーで置屋を回ってみてお店のマネージャーから名刺もしくは電話番号と住所をゲットしておく。何件か案内させてタクシードライバーには案内料としてメーター料金+200ペソくらいを支払ってリリース、別のタクシーを使って行きたい店名と住所を告げてそこに行く。到着後はタクシードライバーとお店側に「私はレギュラーゲストだからドライバーへのコミッションは発生しないよ」と釘を刺す。この程度の努力は必要だしある意味でのマナーだと思うんですけど。

最近、いたるところで(某元空軍基地所在地では特に顕著)で女の子から「日本人はけちの癖にシツコイ!乞食野郎!!」という評判をよく聞きますから日本人として少しさびしくなります。ちなみに私は、そこで気に入った子を見つけたらママさんに、「2000ペソ!?!だめだそんな金額!と大げさに眉をひそめて、こんなかわいい子なんだから私は2500ペソ払う!」といって500ペソ上乗せして支払いしてお持ち帰りします。

いまだかつてマグロは釣り上げたことなくいつもピチピチ元気な熱帯魚にしかお目にかかったことがありません。せっかく日本から飛行機に乗っていくのだからたかだか一人千円強の金額で楽しい時間を過ごした方が良いと思いませんか?

ただ、「アナタ、ヤサシクテ オカネモチ。ニホンジンジャナイミタイ」と言われて「日本人で優しくてお金持ってるのは僕だけだよ、後の日本人は全部ケチでシツコクて貧乏人!」というと真剣に「ゼンブジャナイ、ヤサシイヒトイタヨ コレホント」といわれて やっぱりフィリピン人っていいよなっ と思います。