地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1027回 上海南京東路ぽん引き脅迫かつあげ事件簿 by まぬけな上海ビギナー


こんなことを誰に言ってよいものか分からず、これを書いて います。

 上海は初めてでした。前もってこのサイトを見ていたので、 「上海は危ない」ことは認識していて、「女を買う」つもりは 全くありませんでした(といっても信じてもらえないでしょう が、昼間に歩きすぎて身体が疲れているのでそれをやる体力が ないのです。。)。しかし、どのような場所でそういうことが 行われているのかだけのチェックはしておきたいなと思ったの が、今回の過ちでした。興味本位ってやつです。

 夜10時頃南京東路を通っていると、いかにも怪しいぽん引 きが日本語で声をかけてきました。体格は小柄で年齢は30く らい。最初は全く相手にしていなかったのですが、「見るだけ 見るだけ!」とうるさいもんで、一時間後南京東路沿いにある ビルの七階のカラオケボックスへ。

でもカラオケボックスはぼ ったくりのメッカだと聞いていたので、入って女の子を見るな りさっさと抜け出しました(当の女の子はかなり若く(17、 8歳とも見えるような感じ)かわいかったです)。

 私としてはそこでサヨナラするつもりだったんですが、ぽん 引きが「もう一軒あるからそこに行ってみようよ。」と言い、 まだ時間も23時くらいでホテルに帰るには少し早いかなとも 思ったので行ってみる事に。

 タクシーに乗り10分くらいした所で降りて、見た感じは普 通のホテルの中に入りました。そこで身を引けば良かったので すが、レセプションがあまりにも普通だったため付いていく事 に。

 部屋に入ると暗がりの中でTVを見ている女が二人いました。 「分かった、それじゃ帰ろう。」というとぽん引きは執拗なま でに私を引き止めます。「どっちがいい?本番は200元だ。 」「フェラなら100元。」「俺は待合室で待ってるからどち らか選んで。」私は「100元やるからもう帰ろう。」と言っ ても引き止めます。

 10分くらいそういうやり取りが続いたでしょうか。いきな り部屋のドアが開いてボスを名乗る人物と男二人が現れました 。部屋の女は出て行きます。片言の日本語で男の一人が「座っ て!」と言います。私は「帰る!」と強気に言い扉に向かおう としましたが、別の男が前を閉ざしました。

自称ボスが「とに かく座れ!」と言い、私をベットに押し倒しました。本当に戦 慄が走りました。その次に「財布を出せ!」と言います。私も 私で言いなりになるのはゴメンですから、「なんで何もしてい ないのに出さないといけないんだ!?」と怒鳴ります。すると 「お前殺すぞ!」と脅します。マジであれは脅迫です。これま でにないほどぞっとしました。

いつの間にか部屋にはもう二人 ばかり入ってきていて、ぽん引きの男は消えていましたから、 敵は五人いました。1対5では到底太刀打ちできないので、「 金だけは払わなきゃいけなくなったようだ。」と思い、「いく ら欲しいんだ?」と訊きましたが、なんと「15万円!」とと てつもない金額を言ってきます。そんな金持ち歩いている訳あ りません。「ない!」と言っても「15万払わないと部屋から 出さない!」と言い張ります。

しかし無いものは無いのです。 その時私が持っていた金額は総計800元ちょっと。15万円 は人民元で1万元ですから、絶対に支払える訳ありません。も はや状況が状況ですから、そこからディスカウントする方策で 行く事にしました。絶対に800元なんて金額にはならないと 思いつつも、こればかりはしょうがなかったです。

 相手を苛立たせながらも、なんとか(?)1万元を7500 元まで値下げした所で、「もう財布を出さないと殺す!」と男 五人が殺気立ちはじめました。見せないと本当にやられると思 ったので出す事にしました。その時私はあろうことか、カード とパスポートも入れていたのです。

ですから「パスポートとカ ードだけは絶対に取るな!」と言い、カードを抜いた上で財布 を渡すという事で同意させました。カードを抜く時も「離れて 見ていろ!」と言い、近づこうとすると「渡さないぞ!」と語 気を強めて言いました。あの状況の中での最大限の抵抗だった のでしょう。

財布を渡すと、彼らは本当に800元しかないこ とを知り、ため息をつきました。私もここで終わるのかと思い ました。何せ、ただ部屋に入っただけで、なーんにもしていな いのですからね。

 ところが、やはりと言うべきか「全然足りない!ATMで金を 下ろせ!」と言います。勿論そんな要求に応えるつもりはあり ませんでしたが、パスポートを携帯していたので、「お前がATM で金を引き出すまでパスポートは預かる。7500元とお前の パスポートと交換だ。」と言います。

「それが嫌ならば暗証番 号を教えろ。お前はここで待って、俺たちが下ろしてくる。」 とも言います。どちらかを選ばなくてはいけない状況になりま した。どちらとも選ばない手もあるのですが、それはもの凄く 危険なことです。一応言ってみましたが、聞く耳を持っていま せんでした。

さて前者は外に出られると言うメリットがありま す。後者はそれほどメリットは見つかりません。何せ暗証番号 を教えたら、MAXまで取られる可能性がありますからね。もう メチャクチャな状況なので結局前者を取る事にしました。パス ポートは紛失しても再発行が効くからです。しかし私は3日後 に帰国なので、再発行を申請しても間に合いません。彼らの言 いなりでした。

 ホテルを出て彼らの中の三人とタクシーに乗り込みました。 そして人気のないATMで金を下ろし、その場でパスポートと交 換し、彼らが捕まえたタクシーでホテルまで帰りました。

タク シーに乗り込んだ時、運転手に「公安!」と言えば彼らを捕ま えられて金も戻ってきたかもしれませんが、極度の緊張状態か ら解放された後でそんなことは思いつきませんでした。全く自 分が弱くて情けないです。

 恥を覚悟でこの文を書きました。拙く読みづらい文で申し訳 ありません。このような極限のおバカな経験をした私から言わ せてもらえば「上海では女遊びはしない方がいい。」という結 論に辿りつきます。

ただ最近はソープなんかも流行っているら しく、夜の床屋(ピンク色のネオンがあるようなところ)でも いけるらしいということを聞きましたし、出張マッサージもあ るようなないようなということも聞きましたので、100%安 全に遊べる場所がないわけではないと思います。

 追記として、こういう状況にあっても被害を最小限に止める 方策(?)を参考までに書き留めておきます。間抜けな癖して 、偉そうですが。

1、パスポートはコピーを持ち歩く。紛失してしまい再発行す る手間も無駄です。

2、カードは持ち歩かない。持つとしても一枚だけで、クレジ ットカードではなくキャッシュカードで残高がそんなに無いも の(必要最低額、個人差があるかもしれませんが上海ならば1 万円あれば十分でしょう。)を持ち歩く。

3、絶対におじけずかず、その状況下で出来るだけベストな状 況を作り出すべく、冷静に対応する。相手のペースには乗らな い。

4、これが一番重要なんですが、相手と別れることができたら 、できるだけ早く公安に通報する。もしくは通報してもらう。

タクシーに乗っているならば追跡する。(恐らく相手はこれを やられるのを一番恐れています。執拗にタクシー運転手に指示 を出していたことからも察知できたはずなんですが。うまくい けば現行犯で逮捕されて現金が戻ってくるかもしれません。)

 それから当たり前のことですが、南京東路でぽん引きには絶 対についていかないようにしましょう。興味本位だけで「見る だけ」も絶対にやめましょう。何もせずとも、こういう結果に なることもあるのです。相手は「如何にこいつから金を巻き上 げられるか。」を考えているのですから。

 以上、異常なまでの体験談を恥を覚悟の上で書きました。

*後記として*

明日、少しだけ変装して南京東路に同じぽん引きがいるならば 、カメラで撮影して公安に言いつけます。といっても中国です から、どうにもこうにも相手にされないかもしれませんが、私 なりの今出来るせめてもの抵抗です。金は戻ってくれば幸いで すが、もう諦めています。単純に勧善懲悪を自分也にやってみ たいだけです。うまいこと写真が撮れたら、そちらにも送りま す。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS