■ 舞台は20世紀末のバンコク、ダークサイドに落ちた日本人が ドラッグ、SEXに狂った ラチャプラロップアパートでの7年間の日記! おもしろく 刹那くもある物語。 Base on true storyであるが いろいろ問題もあるので、小説って ことにしといてくれ。

●  バンコクで はじめての、ヤーマーSEX体験記 集中力が10倍UPするタイで一番メジャーなヒロポン。

前回は タイでは そんなにガンチャが人気ではない話をした。

アジアでは みんな 基本 働かなくてはならない。そんな時に ガンチャなど やると働けない。

アパートに住んでるパッポン嬢や タニヤ嬢も 今夜 シーロムに出撃しなくてはならない。

でも 気分は そう 毎日は のらない、、そういう時に 気合をいれるのがヤーマーで、 まあ タイのスピード、 もっと ひらたく言えば シャブである。

日本の戦後に みんな ひろぽん うって 仕事していたが 貧しいアジアでは いまだに 健在である。

■  タイ人は ヤーマーが大好きだ

なぜか メローなタイ人には このヤーマーは  ピタッとあうようで これして GOGO嬢も 建設現場の おっさんや 長距離バス 運転手なども よく 働く

 あの動かないタイ人が 猛烈に 働くので  驚くぐらいである。

このヤーマーであるが、まあ うちのマンションでも 古谷さんが バリバリに愛用していたので 俺も おつきあいで よくいただいた。

こう なんというか シャキっとして 肛門のあたりが ひきしまり なんか すごい 建設的な思考になり 集中力が10倍ぐらいでる。

実際 知り合いが このヤーマーを活用して ベトナム語を 10日間で マスターした ってのもある。

俺らの場合は 夜中から これを みんなで はじめると 朝まで とまることなく 話しはじめ 翌日には  シャベリすぎで 顎がガクガクで痛くなる。

ヤーマーは 建設的な思考にはなるが  チンポがギューっと しぼむくせに 女が欲しくなるので 困ったもんである。

だからと いって 朝の6時に 遊べるところは 限られるので いつも 朝の8時にフェラチオバーにやってきた おばちゃんに 頼むか それか ルンピニで ギリギリまで たっている 生活に困った 姉ちゃんに しゃぶって もらうかだ。

■  ガンチャはSEXには最適 ヤーマーは仕事をするためのもの

ガンチャ(マリファナ)と 比べて タチが悪いのは 自分で 部屋で オナニーができないことである。

まず チンポは 大きくならず 亀のチンポのように 奥に はいりこんで 出てこないときもあるぐらい しぼむ、、、。

よって ヤーマーをやるときは 準備が 重要だ

 始める前には もう すでに 女を部屋に用意しなくてはならない。 、、、というか 基本は 女と一緒にやるものだ。


この記事の続きを読むには 会員登録が必要です 会員登録

会員の方は こちらからログインしてください。ログイン