■ 舞台は20世紀末のバンコク、ダークサイドに落ちた日本人が ドラッグ、SEXに狂った ラチャプラロップアパートでの7年間の日記! おもしろく 刹那くもある物語。 Base on true storyであるが いろいろ問題もあるので、小説って ことにしといてくれ。

● バンコクで はじめての、ガンチャSEX体験記  はまる人の快楽は普通のSEXの10倍ぐらい?

だいたい今まで3000人ぐらいの女と ヤってしまったが、日本人は そのうち50人もいないだろう。

やはり バンコクに住んでいたので タイ娘が2500人ぐらい 、スワイパー全盛期にプノンペンに通っていたので ベトナム娘が300人ぐらい カンボジア人が100人ぐらい あとは フィリピン人やラオス人 ミャンマー人 中国人  韓国人 台湾人ぐらいだろうか?

3000人のうち ドラッグきめて SEXしたのは 多分1000人ぐらいだと思う。

プノンペンのスワイパー村では あんな狂ったところでは とてもじゃないが 正気で ロリータなんか抱けないので よく ヤーマー(スピード)をきめて ドラッグSEXをしてたので ベトナム娘とのSEXは ほとんど シャブSEX をヤってたということになる。

プノンペンは 街自体が狂気じみた街なので あんな街では とてもじゃないが ガンチャをやる気にはなれない。

世界一のクレイジーディスコ ホリデーでも ロビーでは ヤーマー(スピード)の匂いが 充満して スワイパーの ロリータどもが コカや エクスタシーを 中国人から ねだって ベロベロに酔いながら 踊っていた。


この記事の続きを読むには 会員登録が必要です 会員登録

会員の方は こちらからログインしてください。ログイン